« 無線LANの不正傍受罪はパターナリズムか? | Main | 首相官邸による同行取材拒否は許されるか? »

2004.05.17

年金未納情報はプライバシーか?

 年金改革(改悪)法案が現在の通常国会で審議される中、女優江角マキコの年金未納問題が発端となって、現閣僚や国会議員の年金未納、民主党の菅前代表や公明党の執行部などの未納の事実が次々と明らかになり、遂には、小泉首相にも、年金未加入の期間があったことが明らかとなり、国民の中に怒りが広がっている。

 この騒動の中で、福田元官房長官は、「年金情報は個人情報である」としてその公開を拒んだということがあった。後に、その発言は福田元官房長官自身の年金未納を隠すためであったことが暴露されて官房長官の辞任に繋がった。

 しかし、そもそも、年金未納情報が、個人情報=プライバシーとして保護されるのかについて考えてみたい。

 一般論として、年金に加入しているかどうか、年金が未納であるかどうかに関する情報は、個人情報として本来保護されるべきものであることについてはおそらく異論はないだろう。

 個人情報保護法2条1項は、「この法律において「個人情報」とは、生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等により特定の個人を識別することができるもの(略)をいう。」と規定しているが、この「個人情報」に該当することになる。

 そうであるならば、一般論として、年金への加入や未納の状況に関する情報は法で保護されるものであると言えるとして、問題は、これが国会議員についても妥当するかどうか、つまり、国会議員については例外があるのかどうかが、次の問題である。

 プライバシーといえども、公人、すなわち、公務員や国会議員については制限される場合がある。公人については、国民の税金で雇われているのであり、常に、その適格性を判断するために国民の監視下に置かれる立場にあるからである。このことは、憲法の次の規定からも当然である。

【憲法15条】
 1 公務員を選定し、及びこれを罷免することは、国民固有の権利である。
 2 すべて公務員は、全体の奉仕者であつて、一部の奉仕者ではない。
 (以下、略)

 国民は、公務員に対する選定罷免権を持っており、公人の適格性を常に判断する立場にある。そのためには、公人のプライバシーについては、一般国民とは異なり、それが制限されてもやむを得ない。また、公務員や国会議員に就任する際に、それを予め承諾しているとも考えられる。

 特に、今回、内閣総理大臣内閣の閣僚は、国会において、年金改革(改悪)法案を提出する立場にある以上は、そもそも法案提出の資格があるかどうかを国民が判断するために、年金への加入の有無や未納の有無について、国民は当然に「知る権利」がある。
 また、それを審議する立場にある国会議員についても、同様に、その審議する資格があるのかどうかを国民が判断するために、年金への加入の有無や未納の有無について、国民は当然に「知る権利」がある。

 そうであるならば、国民の「知る権利」があることの反面として、内閣総理大臣や内閣の閣僚や国会議員については、年金への加入や未納の状況に関する情報はプライバシーであるとしても、法で保護されないのである。

 ただ、注意しなければならないのは、これは、国民主権に基づく国民の「知る権利」による公人のプライバシーの制限であって、あくまでも公人についてのものであるという点である。

 ところが、最近、テレビの有名キャスターについて、続々と年金未納が明らかになり、中には、自主的に謹慎して番組の出演を控えるキャスターも現れている。
 しかし、有名キャスターは、上に述べた公人とは地位が異なっており、基本的には私人であるから、未納であることについての責任は全く異なるはずであるし、本来はプライバシーとして保護されるべき情報であったとも考えられるのである。
 そうである以上、報道機関は、今後も追及の手を緩めることなく、今後も、国会議員の年金未納問題を追及すべきである。

 ところで、坂口厚生労働相は、5月16日に講演した際に、「社会保険庁が管理している年金加入歴などのデータについて『個人情報』であり、ほかへ漏れることがあってはならない。事実確認をして厳然と処分して、責任を明確にしないといけない」と述べたと報道されている(asahi.com)。

 これについては、国会議員などの公人は、まず、年金に対する加入状況や未納状況を自ら進んで明らかにすべきであって、自民党議員について、それをしないままで、このような発言をするのは、論点のすり替えであるし、さらには報道機関に対するこの種の報道に対する威嚇の効果も狙ったものと思われ、問題がある発言である。

 最後に、プライバシーが権利である以上、自ら放棄して公表することは認められているのであるから、国会議員などの公人は、年金法案の審議の前に、まず自らの年金への加入や未納の状況に関する情報を公表すべきであったとも考えられる。
 それもしないで、報道機関の追及を受けたら、やむなく年金の未納等を認めるという国会議員などの往生際の悪い態度は、国民の「知る権利」やプライバシーの意味を全く理解しない行動と言わなければならない。国民としては、まさに、このような態度から、国会議員の適格性を判断しなければならないのである。

【today's back music】
 塩谷哲トリオ/Wheelin' Ahead! (VICJ-61176)
  塩谷さんの2枚目のピアノ・トリオのアルバムです。今回はしっとりとした曲もあり、聴き応えがあります。

|
|

« 無線LANの不正傍受罪はパターナリズムか? | Main | 首相官邸による同行取材拒否は許されるか? »

「知る権利・内部告発」カテゴリの記事

Comments

I am curious to find out what blog platform youu have been using? I'm having some small security problems with my latest website and I'd like to find something more risk-free. Do you have any suggestions?

Posted by: miracle garcinia cambogia | 2013.10.21 at 11:35 PM

What i do not realize is if truth be told how you're now not actually much more smartly-liked than you might be now. Youu are very intelligent. You know therefore considerably relating to this matter, produced me in my opinion consider it from a lot of various angles. Its like women and men are not involved except it is something to accomplish with Woman gaga! Your own stuffs outstanding. All the time handle it up!

Posted by: buy african mango sheap | 2014.01.18 at 03:01 PM

I really like it whenever people come together and share ideas. Great blog, keep it up!

Posted by: Car town Cheats | 2014.01.24 at 04:53 PM

What's up to every single one, it's actually a fastidious for me to pay a quick visit this web page, it contains useful Information.

Posted by: car town hack | 2014.01.27 at 09:21 AM

สวัสดี , ตรวจสอบ บล็อก สม่ำเสมอ ของคุณ เขียน สไตล์ น่ากลัว , ขึ้น

Posted by: sbobet 356 | 2014.05.22 at 04:03 PM

สวัสดี , ตรวจสอบ บล็อก สม่ำเสมอ ของคุณ เขียน สไตล์ น่ากลัว , ขึ้น

Posted by: sbobet 356 | 2014.05.22 at 04:03 PM

Hi สวัสดี กระทู้นี มี ปัญหา ร่วมกับ ของคุณ เว็บไซต์ ใน อินเทอร์เน็ต explorer, อาจ ตรวจสอบ การทดสอบ นี้ IE ยังคง กระนั้น เป็น ตลาด ผู้นำ และ ดี ส่วนของ คน จะ ผ่าน ของคุณ เลิศ เพราะ ปัญหานี้ .

Posted by: หวย ฟังออนไลน์ | 2014.06.02 at 12:11 AM

Stunning quest there. What occurred after? Thanks!

Posted by: sbobetg8 | 2014.11.20 at 11:23 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32945/606402

Listed below are links to weblogs that reference 年金未納情報はプライバシーか?:

« 無線LANの不正傍受罪はパターナリズムか? | Main | 首相官邸による同行取材拒否は許されるか? »