« June 2004 | Main | August 2004 »

July 2004

2004.07.27

警察庁長官銃撃事件の不起訴は当然か?

 1995年3月に起きた国松警察庁長官銃撃事件について、殺人未遂の疑いで逮捕されたオウム真理教元信者の警視庁元巡査長ら3人について、東京地検は、これまでの収集証拠では公判維持が極めて困難であるとして、勾留期限の7月28日に起訴せず、釈放する方針を固めたと伝えられている(産経新聞の記事)。

Continue reading "警察庁長官銃撃事件の不起訴は当然か?"

| | Comments (4) | TrackBack (0)
|

2004.07.24

おとり捜査は必要か?

 大麻樹脂を販売目的で所持したとして大麻取締法違反の罪に問われていたイラン人被告に対して、最高裁第一小法廷(泉徳治裁判長)は、7月12日、上告を棄却する決定をした。最高裁が、おとり捜査を適法と明言したのは初めてであることから新聞等でも取り上げられた(朝日新聞の記事)。

Continue reading "おとり捜査は必要か?"

| | Comments (14) | TrackBack (3)
|

2004.07.10

盗聴権限を拡大する必要があるか?

 読売新聞の7月8日付の社説「社会の安全をどう守るのか」 は、治安を守るためには、無防備な現状を改めなければならないと主張し、その例として、欧米並の盗聴を認めるべきことを指摘している(Yomiuri-ON-LNE)。

Continue reading "盗聴権限を拡大する必要があるか?"

| | Comments (3) | TrackBack (1)
|

2004.07.05

少年時代の前科を暴くことは許されるのか?

 報道によると、1988年に東京都内で、女子高校生が監禁された後に殺害されてコンクリート詰めにされた事件で有罪判決を受けた男性が、知人男性を監禁し暴行したとして、警視庁に逮捕監禁致傷容疑で逮捕され、東京地検が起訴したという(共同通信の記事)。

Continue reading "少年時代の前科を暴くことは許されるのか?"

| | Comments (41) | TrackBack (0)
|

« June 2004 | Main | August 2004 »