« 幇助犯の適用が拡大するのは良いか? | Main | 司法取引は良い制度か? »

2004.10.07

触法少年に対する調査を警察にさせて良いか?

 法務大臣は、9月8日に開催された法制審議会総会に対して、少年法等の改正(諮問72号)を諮問した。10月8日に法制審議会少年法(触法少年事件・保護処分関係)部会に第1回会議が開かれ、以後、来年1月にかけて計5回の会議が予定されている。

 今度の諮問は、(1)触法少年及びぐ犯少年に係る事件の調査権限の新設、(2)14歳未満の少年の保護処分の見直し、(3)保護観察における指導を一層効果的にするための措置等の新設の3点からなっている。今日は、このうち、(1)と(2)について考えてみたい。

 今回の諮問のきっかけとなったのは、言うまでもなく、昨年の長崎事件や今年の佐世保事件など、14歳未満の少年による重大犯罪である。14歳未満の者については、刑法41条が「14歳に満たない者の行為は、罰しない。」として、刑事責任年齢を定めていることから、犯罪に問われることはない。そのため、少年法においても、「非行少年」として扱われず、「触法少年」として扱われている。

 現在の少年法では、触法少年については、どんなに重くても、児童自立支援施設に送致することしか認められておらず(最近の触法少年の事件では、いずれも児童自立支援施設に送られた上で、鍵のかかる部屋に入れる強制的措置がとられている)、少年院に送致することは認められていない。

 今回の少年法等の改正の要綱骨子によると、現在、初等少年院について、少年院法2条で、収容者を14歳以上としている制限を撤廃し、触法少年についても少年院に送致できるようにしようとするものである。
 その上で、そのように少年院送致という不利益処分を科すために、事件に関する事実関係を、現在よりも詳しく調査して、事件の真相を解明する必要があるとして、警察に対して、触法少年を呼び出して質問したり、令状をとって、押収、捜索、検証、鑑定といった対物的強制処分をとることができるようにしようとしている。

 これまで、触法少年の事件については、警察には調査権限を認める法的な根拠はなく、そのために、容疑者が14歳未満であることが分かった時点で、それ以後、警察にはその事件の調査を進めることができず、直ちに児童相談所に送致しなければならなかった。

 今回の諮問における要綱骨子は、これを改めて、まず、警察に事件の真相を解明するための調査権限を正面から認め、その後、児童相談所に事件を送致することにしようとしている。

 ただ、ここで問題は、14歳未満の少年に対する取調べ(但し、あくまでも任意)を認めて良いか、という点である。これまで、14歳以上の少年事件については、いくつも警察の苛酷な取調べによって、虚偽の自白をさせられたことが判明して、非行事実なしの不処分決定(成人における無罪判決に相当)が何件も出されてきた(拙稿「少年法改正後も何も変わってない少年事件捜査の問題点」参照)。
 ここ最近で最も有名な少年の冤罪事件は、いわゆる草加事件である(私が草加事件について以前に書いた記事)。

 14歳未満の触法少年について、強面で「落としのプロ」である警察官が取り調べをしたら、簡単に自白されられてしまうのではないかと危惧される。その意味で、そもそも、14歳未満の少年を警察が取り調べるという点に根本的な疑問がある。

 この点については、例えば、今年6月に東京都新宿区で起きたマンションからの「突き落とし」事件について、9月30日に児童自立支援施設送致の決定が出されているが、この審判の終盤において、触法少年が、「警察官が、やったといわないと家に帰してくれないと言ったので事実を認めてしまった」として否認に転じたということからも、警察の取調べの問題が浮かび上がってきたばかりである(この件については抗告中)。

 また、14歳未満の触法少年を果たして少年院に送致する必要があるのか、それで少年の更生に役立つのかという問題もある。ここには、2000年の少年法改正の際の特徴として指摘された少年に対する厳罰化の要請が強く働いていると考えられる。

 そこで、以下では、今回の諮問にはない点について危惧されることを2点指摘しておきたい。

 第1に、今回の諮問は、触法少年に対する警察の調査権限を認めようとしているが、強制処分については、押収、捜索、検証、鑑定といった対物的強制処分に限られており、触法少年に対する取調べについてはあくまでも任意を前提としており、逮捕・勾留は認められていない。それは当たり前ではあるが、対物的強制処分が認められたことからすると、次の段階では、触法少年に対する対人的強制処分である逮捕・勾留も認めるべきだという議論になることが強く予想される。
 その意味では、今回の諮問は一つの大きなハードルであり、それを一旦越えてしまうと、触法少年に対する逮捕・勾留を認める改正に繋がるおそれが強いと考えられる。

 第2に、今回の諮問は刑事責任能力の制限(14歳)の撤廃には全く触れられていない。しかし、これまでは、14歳を境にして、それより下の年齢については児童相談所が対応し、警察の取調べや調査権限を認めなかったことについて、今回の諮問ではその壁を撤廃し、14歳未満の触法少年についてはも、警察の調査権限を認め、しかも、少年院への送致を認めたことによって、事実上、刑事責任能力の規定の意味は大きく失われることになると考えられる。
 したがって、今回の諮問が認められて、少年法等が改正されれば、やがて、刑事責任年齢に関する刑法41条も廃止される方向に向かうことが強く予想されるのである。

 その意味では、今回の少年法等の改正に関する要綱案は、一見するとそれほど大きな問題を含んでいないように見えるが、実は、これを認めることによって、次に控えている改正の動きに連動するものであることは確かであり、その意味で、極めて巧妙に小出しにしてきていると考えられるのである。

 その意味で、改めて、少年法の理念に遡って、今回の諮問の狙いを見抜いていかなければならない。今後の法制審議会少年法部会における議論を注視したい。

【Today's Back Music】
 TOM FERGUSON TRIO/SAY WHEN(CD-1715)2002年
  ピアノ・トリオです。CD屋でかかっているのを聴いて衝動買いしましたが、非常に聴きやすく何度聴いても飽きません。 

|
|

« 幇助犯の適用が拡大するのは良いか? | Main | 司法取引は良い制度か? »

「少年事件」カテゴリの記事

Comments

Hello there, I discovered your web site by means of Google while searching for a related matter, your site got here up, it seems to be great. I've bookmarked it in my google bookmarks. Hi there, just was aware of your weblog through Google, and found that it is really informative. I am going to watch out for brussels. I will appreciate in the event you proceed this in future. Numerous people can be benefited from your writing. Cheers!

Posted by: Loretta | 2013.07.17 at 07:14 AM

Greate post. Keep posting such kind of information on your blog. Im really impressed by your site. Hey there, You have performed a fantastic job. I'll definitely digg it and individually recommend to my friends. I am sure they'll be benefited from this web site.

Posted by: долги по кредитам | 2013.07.20 at 06:59 PM

Hi to every body, it's my first pay a quick visit of this weblog; this blog includes amazing and genuinely fine material designed for readers.

Posted by: uzirekedopeg.Webege.com | 2013.08.03 at 04:45 AM

触法少年に対する調査を警察にさせて良いか?: 法と常識の狭間で考えよう Keep up the good work.

Posted by: Newton | 2013.09.29 at 12:21 PM

I don't even know how I ended up right here, however I thought this submit was once good. I do not recognise who you are however certainly you're going to a famous blogger if you aren't already. Cheers!

Posted by: List.Ly | 2014.04.29 at 10:59 PM

My partner and I stumbled over here different web page and thought I should check things out. I like what I see so now i'm following you. Look forward to checking out your web page repeatedly.

Posted by: lg Lfx25991St Reviews | 2014.05.12 at 09:50 AM

Thanks for the marvelous posting! I truly enjoyed reading it, you may be a great author. I will be sure to bookmark your blog and may come back later on. I want to encourage you to continue your great job, have a nice afternoon!

Posted by: dreamhost cupons | 2014.10.08 at 03:54 AM

I really like reading through a post that will make men and women think. Also, thank you for allowing for me to comment!

Posted by: dreamhost 2014 | 2014.12.01 at 06:57 AM

As the admin of this web page is working, no doubt very quickly it will be well-known, due to its feature contents.

Posted by: ตุ๊กตาหมี | 2014.12.21 at 05:31 PM

For most up-to-date information you have to pay a visit the web and on internet I found this web site as a best web site for most up-to-date updates.

Posted by: muttony | 2015.01.20 at 03:59 AM

Everything is very open with a clear description of the issues. It was definitely informative. Your site is very helpful. Many thanks for sharing!

Posted by: black history heroes | 2015.01.21 at 12:42 PM

Wow, this post is nice, my younger sister is analyzing these things, thus I am going to let know her.

Posted by: Estrategia Para Ganar OPCIONES binarias | 2015.01.21 at 12:49 PM

These kinds of web sites occasionally continue to be popular only because visitants are continuing to go there. The river descends down the mountains and as it goes along the water cascades Soni falls dramatically toward the Pangani river, dropping over 800 meters within a couple of kilometers. The image these rumors and this event in general has painted is that Sony has been irresponsible with their design and maintaining of the Play - Station Network from a security standpoint.

Posted by: clash of clans hack | 2015.01.21 at 12:59 PM

Your means of telling the whole thing in this piece of writing is in fact pleasant, all be capable of effortlessly know it, Thanks a lot.

Posted by: Calvin Earl | 2015.01.27 at 04:06 PM

Right away I am going away to do my breakfast, later than having my breakfast coming over again to read other news.

Posted by: Opciones binarias | 2015.02.05 at 04:51 PM

Link exchange is nothing else except it is just placing the other person's blog link on your page at appropriate place and other person will also do similar in support of you.

Posted by: posicionamiento web | 2015.02.26 at 02:24 AM

Does your website have a contact page? I'm having trouble locating it but, I'd like to shoot you an email. I've got some ideas for your blog you might be interested in hearing. Either way, great site and I look forward to seeing it grow over time.

Posted by: Reto 90 | 2015.04.23 at 03:46 AM

When someone writeѕ an piece of writing hе/ѕɦe maintains the іmage of a user іn his/her mind that hoѡ a user can understand it. Tɦus thɑt's why thіs piece of writing is perfect. Тhanks!

Posted by: browsergame-toplist.de | 2015.06.01 at 09:16 PM

I'm curious tto find out what blog system youu happen to be working with? I'm having some minlr security issues with my latest blog and I would like to finnd something more secure. Do you have any suggestions?

Posted by: stackable washer and dryer | 2015.06.05 at 05:04 PM

Do yоu have a spam ρroblem on thіs blog; I ɑlso am a blogger, ɑnd I wɑs curious abοut уօur situation; many օf us have developed ѕome nice procedures and ԝe are looking to exchange techniques ԝith others, Ƅe sure tο shoot me an e-mail if interested.

Posted by: Dobry gabinet psychoterapii w Bydgoszczy | 2015.06.14 at 06:51 PM

Hello! This is my first visit to your blog! We are a group of volunteers and starting a new project in a community in the same niche. Your blog provided us valuable information to work on. You have done a wonderful job!

Posted by: Reto 90 | 2015.09.07 at 05:44 PM

Thanks a lot for sharing this with all people you actually realize what you are talking approximately! Bookmarked. Kindly also seek advice from my site =). We may have a hyperlink alternate contract between us

Posted by: web site | 2015.09.27 at 02:32 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32945/1615047

Listed below are links to weblogs that reference 触法少年に対する調査を警察にさせて良いか?:

« 幇助犯の適用が拡大するのは良いか? | Main | 司法取引は良い制度か? »