« January 2005 | Main | April 2005 »

February 2005

2005.02.22

未必の故意で死刑判決を出してよいか?

 千葉県館山市で2003年12月に、一家4人が焼死するなどしたことについて、殺人や現住建造物等放火などの罪に問われていた被告人に対して、2月21日、千葉地方裁判所(土屋靖之裁判長)は、検察官の求刑通り、死刑判決を言い渡したと報道されている(asahi.comの記事)。

Continue reading "未必の故意で死刑判決を出してよいか?"

| | Comments (232) | TrackBack (3)
|

2005.02.20

東京地検特捜部には任意事情聴取者の自殺の責任はないのか?

 株主の保有比率虚偽記載問題で、東京地方検察庁特捜部の任意の事情聴取を受けていた西武鉄道の前社長が、2月19日に自宅で自殺を図った。
 東京地検によると、前社長は、今月上旬からほぼ連日、10回前後の聴取を受け、2月18日も午後8時ごろまで事情を聞かれていた。2月19日には聴取の予定はなかったが、20日に再び聴取が予定されていたという(Yomiuri-ONLINEの記事)。 西武鉄道の関係者は「連日の聴取で疲れ切っているようだった。かなり厳しい取り調べを受けているようだった」と感じていたという(asahi.comの記事)。

Continue reading "東京地検特捜部には任意事情聴取者の自殺の責任はないのか?"

| | Comments (1092) | TrackBack (2)
|

« January 2005 | Main | April 2005 »