« いよいよ共謀罪法案の審議が始まる | Main | 共謀罪法案の衆議院法務委員会での採決が迫っている »

2006.04.21

共謀罪法案の審議が始まった

 本日(4月21日)、衆議院法務委員会において、共謀罪法案を提出した政府案についての趣旨説明を杉浦法務大臣が行い、与党は修正案を提出してその趣旨説明を自民党の早川忠孝議員が行った。これによって、昨年秋の特別国会以来止まっていた審議が再開された(毎日新聞の記事)。

 今日の審議の模様は、社民党の保坂議員のブログ(「保坂展人のどこどこ日記」の「共謀罪のスタートは強硬離陸」)で詳細に報告されている。

 それによると、野党である民主党と社民党からは、今日の趣旨説明をやめるように申し入れたが、与党側は、先日の理事会で決めた今日の共謀罪法案の趣旨説明を一歩も譲らず、与野党の合意がないままに、趣旨説明が行われたという。野党委員は総立ちとなり、法務委員会の委員長席に向けて抗議を行う中での趣旨説明だった。
 この点は、毎日新聞の記事でも、「政府案と与党修正案の提案理由説明はやじと怒号でほとんど聞き取れない事態になった。」とある。

 その後に行われた理事会でも、今後の共謀罪法案の審議日程が話題となったことから、民主党議員と社民党議員が退席し、その後、与党だけで、4月25日(火)9時30分~10時30分、15時30分~14時30分の2時間の与党質疑を決めたという。

 与党は今日の審議入りに大変にこだわったことがここから見てとれる。今週末には衆議院議員の千葉での補欠選挙があることを考えると、その選挙への悪影響を考えると、今日でなくても良かったはずである。

 しかも、昨年の特別国会において、衆議院法務委員会の審議は参考人質疑も含めてほとんどの審議を終了していた。だから、与党修正案についても、与党としては、1,2回の審議で十分だったはずである。

 ところが、今日の審議入りにこだわったのは、来週金曜日の4月28日の共謀罪法案の採決に向けて、「1週間も慎重に審議した」という「実績」を作りたかったからと考えられる。つまり、与党も慎重に審議しましたというアリバイ作りである。
 その意味においては、与党側は、4月28日の共謀罪法案の採決を本気で考えているとも言える。

 今日の衆議院法務委員会における審議の様子から見ても、共謀罪法案の審議の仕方が異様であることは伝わってくる。それは、この法案が治安立法であり、政府として、この時期に何としても成立させておかなければならない法案であることを示している。

 社民党の保坂議員は、「共謀罪、誰がアクセルを踏んでいるか」で、

今日の共謀罪反対の共同記者会見と集会の席で私は、「ふだんにこやかにしている与野党の間の空気も、この『共謀罪』を語る時になんともいえない緊張感とひやりとした冷たさを感じさせる。重苦しさと威圧感漂うこの空気が、共謀罪の本質を語っているのではないか」と発言した。

と述べている。これは上記のことを暗に述べているのだと思う。

 実は、少し前まで、衆議院法務委員会においては、与野党が大変に友好的なムードで審議が進められてきた。今国会でその様子が一変したのは、民主党の代表に小沢一郎氏が選出されてからである。

 代用監獄の法制化や未決拘禁者の処遇等について定めるいわゆる未決法案(「刑事施設及び受刑者の処遇等に関する法律の一部を改正する法律案」)について、野党が与党に対して修正協議を提案したが、与党側はこれを完全に拒否し、この法案の修正を全く受け入れなかった。昨年の受刑者処遇法の審議の際には、与野党の協議を経て、何点かの法案修正をしたことと対比しても、与党側は、明らかにこれまでとは異なる態度をとっている。

 共謀罪法案についても、本年2月14日に、与党から民主党に対して与党修正案が示されて(その内容は、今日、与党から提出された与党修正案とほとんど同じである)、修正協議を申し入れていた。
 しかし、今週、与党側は、民主党との修正協議をしないことにして、与党だけで与党修正案を提出し、4月28日の採決を急いでいるのである。

 最近の報道では、野党による審議拒否の可能性にも触れられている。与党によるスケジュール闘争やアリバイ作りに利用されないために、野党は、この際、断固として審議拒否すべきではないか。そして、国会の外に出て、共謀罪法案がいかに危険なものかを多くの国民に語りかける必要がある。

 弁護士会も、与党修正案を批判して、共謀罪法案を成立しないための戦いに立ち上がろうとしている。日弁連はさっそく会長声明(「共謀罪与党修正案についての会長声明」)を出している。

この修正案がいくつかの点で限定を加えた姿勢については一定の評価は しうるものの、この法案がもともと有している多くの問題点は是正されておらず、当連合会は、この法案には強く反対し、その抜本的見直しを求め、運動を継続・強化していくものである。

 また、東京弁護士会も会長声明(「共謀罪に関する与党修正案に反対する会長声明」)を出している。

共謀罪が対象となる犯罪は、長期4年以上の懲役もしくは禁錮の刑が定められている罪は、現時点で619以上もの多数の犯罪に及ぶものであり、非常に広い範囲で、曖昧な要件のまま、捜査機関によって恣意的に運用されるおそれが強いものであり、与党修正案によって修正されたとしても、その本質的な危険性に何ら変わるところはない。(略)共謀罪の与党修正案に対して強く反対するものである。

 これ以外に、今日の時点では兵庫県弁護士会も会長声明を出したと伝えられている。

 さらに、日弁連では、来週、審議のまっただ中であるが、反対集会も企画している。是非、多くの市民に集まって欲しいと願っている(集会案内)。

共謀罪に反対する大集会  日時 2006年4月26日(水)18:00~20:00  場所 弁護士会館2階 講堂クレオ

 来週にはいよいよ共謀罪法案は実質的な審議に入る。与党による採決に向けた動きを止めるのは、野党の活躍と世論の盛り上がり以外にはない。

【Today's Back Music】
 安部潤/The Sensimillia Family Tree(RKCJ-2013)
  少し前に出て買っていたキーボードプレーヤー安部潤のソロアルバム。豪華なミュージシャンが終結している。最近繰り返し聴いているが、飽きの来ない上質の作品に仕上がっている。

|
|

« いよいよ共謀罪法案の審議が始まる | Main | 共謀罪法案の衆議院法務委員会での採決が迫っている »

「刑事立法」カテゴリの記事

Comments

beatniksさま、TBありがとうございます。

>与党側は、4月28日の共謀罪法案の採決を本気で考えているとも言える。

この法案が治安立法であることは明白だと思います。しかし、exodusさまの記事(http://exodus.exblog.jp/3279245)で詳しく分析されているように、そのアクセルを踏んでいるのがアクセンチュア(http://www.accenture.com/)であるとすれば、日本政府はトンでもない過ちを犯しつつあることになります。

小泉首相は、またもや国民を犠牲にしてブッシュへ最後の忠義立てをするつもりかも知れませんが、「世界トップの電子政府の実現」を名目にしながら、内実は強欲なアクセンチュアへ日本国民の生命と財産をソックリ売り飛ばすことになります。このことに気がつかない日本の法務省は余にもレベルが低すぎると思います。

売り飛ばすどころか、未来永劫に日本国民を無法な守銭奴企業アクセンチュアの奴隷にするつもりかも知れません。

防衛次元の問題についてですが、このような日本政府の甘チャンぶりについては、国際的な視点で日本の危機管理について研究している(財)DRC(http://www.drc-jpn.org/)の玉真哲雄研究員ら(http://www.drc-jpn.org/AR-5J/tamama-j.htm)が、彼らの研究論文上で辛辣に批判しています(玉真氏は違いますが、DRCの研究員の多くは防衛大学出身者のようです)。

Posted by: toxandoria | 2006.04.23 at 10:32 PM

Pretty section of content. I just stumbled upon your weblog and in accession capital to assert that I get actually enjoyed account your blog posts. Anyway I'll be subscribing to your feeds and even I achievement you access consistently fast.

Posted by: Stars Without Makeup | 2013.11.12 at 02:44 AM

This website definitely has all the info I needed about this subject and didn't know who to ask.

Posted by: Juli | 2014.11.29 at 10:10 AM

Fantastic goods from you, man. I've consider your stuff prior to and you're simply extremely magnificent. I really like what you have got right here, certainly like what you're saying and the way by which you are saying it. You are making it enjoyable and you continue to take care of to stay it smart. I can not wait to read far more from you. This is really a terrific site.

Posted by: michael kors xs satchel | 2014.12.19 at 01:53 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32945/9698486

Listed below are links to weblogs that reference 共謀罪法案の審議が始まった:

» 〝国際〟の文字が消えた条文 [百年の孤独 byAequitas]
前回に引き続き共謀罪について書いてみたい。 この条項が00年に国連で採択された「 [Read More]

Tracked on 2006.04.21 at 10:14 PM

» メールしよう!『共謀罪審議入り』 [再出発日記]
先月、共謀罪の審議入りが噂されていると書いたが、ついに明日審議されることになった。 衆院法務委員会は18日夕の理事会で、殺人など重大犯罪の実行行為がなくても謀議に加わるだけで処罰可能な「共謀罪」新設を柱とした組織犯罪処罰法などの改正案について、21日に...... [Read More]

Tracked on 2006.04.21 at 10:35 PM

» 共謀罪審議入り〜修正提出案全文掲載:日弁連は断固反対 [情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士]
犯罪の企てを話しあっただけで罪となる「共謀罪」の創設を盛り込んだ組織的犯罪処罰法などの改正案の審議が21日、衆院法務委で始まった(朝日)。この日提出された改正案は,一度修正されたが(ここ←),その修正案にさらに修正を重ねたものだ。修正案全文は次のとおり。 ■■引用開始■■ 第六条の二 次の各号に掲げる罪に当たる行為で、団体の活動【(その共同の目的がこれらの罪又は別表第一に掲げる罪を実行することにある団体である場合に限る。�... [Read More]

Tracked on 2006.04.21 at 11:42 PM

» また狂気が芽を出そうとしている [逍遥録 -衒学城奇譚-]
あ―――ッたく!!こちとら、読んだ本のコトでものんびり書いていたいだけなんじゃッ―――!! 昨日は竹島、今日は共謀罪!ハラが立つったらありゃしない! ? 共謀罪の審理が今日(21日)から始まっちゃいましたよ。? 民主の発言力が弱まってるこの時期、竹島周辺... [Read More]

Tracked on 2006.04.22 at 02:36 AM

» [暴政]再度「共謀罪・審議入り」が決定=「凶暴化する権力」に無関心の日本国民 [toxandriaの日記]
■4/18付・毎日新聞の報道によると、過去に二度も廃案となり昨秋の特別国会で継続審議扱いとなった「共謀罪」の新設を含む「組織犯罪処罰法等の改正案」が21日から、再度の審議に入ることが決定しています。18日の衆議院法務委員会の理事会で決定するとき野党側は反対したが、与党が押し切った形となりました。野党や日本弁護士連合会などは“話し合うという国民の内心の自由の権利が侵される”、また“凶暴罪の対象は国境を越える犯罪に限定するなどの抜本修正をすべきだ”として反対してきましたが、与党側は次のようなポイントの... [Read More]

Tracked on 2006.04.22 at 05:26 AM

» 共謀罪審議入り(メモ) [ニュース・ワーカー]
 共謀罪新設法案が21日、審議入りした。報道やブログ情報によると、28日にも強行採決の危ぐ。個人の精神の営みを処罰、取り締まりの対象とし、自由な言論、自由な表現活動を圧殺する恐れが強い共謀罪が、数をたのんだ強行手続きで成立に向かおうとし始めている。  衆院法務委員会の審議のもようは、保坂展人議員のブログ「保坂展人のどこどこ日記」が詳しい。  21日の審議は騒然とした中で始まった。「共謀罪のスタートは強硬離陸」  「共謀罪審議入り~修正提出案全文掲載:日弁連は断固反対」  「共謀罪への... [Read More]

Tracked on 2006.04.22 at 10:47 AM

» 26日に共謀罪の集会2つ [【マスメディアが民衆を裏切る、12の方法】]
日本人は、こりることを知らないのだ。 坂口安吾「戦争論」 法案に反対する側からの名づけである「盗聴法」という言葉は、当時、法案に対するかなり強い抵抗感を生んだと記憶しているが、「共謀罪」という言葉に対する抵抗感がほとんど生まれていないと感じるのは、ぼくの感覚が鈍っているからか、社会が変わったのか、両方か。 共謀罪についてのサイトはたくさんあって、こういうのもありました。 http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/2004/0426hs.htm ... [Read More]

Tracked on 2006.04.22 at 08:49 PM

» 日本はもはや国家の呈をなしていない.出入国管理システムをバミューダ籍の幽霊会社に10万円で丸投げ! [エクソダス2005《脱米救国》国民運動]
別掲の記事は4月28日にも強行採決か?という緊迫した局面を迎えた衆院法務委員会で連日獅子奮迅の活躍をなされている保坂議員のブログ「保坂展人のどこどこ日記」からの転載である.事態の緊急性に鑑み,事前の転載許可を頂いていないことをお断りしておく. 記事中,アクセンチュア社は2002年のエンロンスキャンダルで(実質的に)倒産した監査法人アーサー・アンダーセンから分岐した1ブランチである.アーサー・アンダーセン社は最盛期には米国内だけで28000人を越える従業員を抱えていたこともあるが(海外を含めると... [Read More]

Tracked on 2006.04.22 at 09:00 PM

» 共謀罪の審議始まる [zara's voice recorder]
共謀罪創設の法案審議入り、政府・与党成立目指す テロの未然防止などのための「共謀罪」創設を柱とする組織犯罪処罰法など改正案は、21日の衆院法務委員会で、杉浦法相が趣旨説明を行い審議入りした。与党は修正案を提出した。 政府・与党は、今国会での成立を目指し..... [Read More]

Tracked on 2006.04.23 at 08:32 AM

» 与党 共謀罪審議をゴリ押し 28日にも強行採決か?/共謀罪修... [ろーやーずくらぶ]
 政府与党は、21日、衆院法務委員会で共謀罪の審議入りを強行しました。産経新聞  日弁連は、共謀罪の与党修正案について、共謀だけで犯罪するという異例な犯罪類型であることや、越境性などの限定ないことなどの問題点が解消されていないとして批判する会長声明を発...... [Read More]

Tracked on 2006.04.23 at 03:09 PM

» 緊急アンケートです【共謀罪について】(4月26日21:00締め切り) [Under the Sun -EQT-]
 アンケートを実施しております。  再度審議されている共謀罪について、賛成か反対か、TBで回答するタイプです。よろしければ回答お願いします。  今回は時間が短いですが、積極的なご参加を、お願いいたします。  尚、回答時に小泉政権を支持するかしないかを、明記してください。 質問:共謀罪について  ぜひ多くの方々の参加をお待ちしています。  ちなみに、結果については、各メディア・政党に送ることを考えています。 (とらばアンケート) 質問:共謀罪について ↑TBで回答する... [Read More]

Tracked on 2006.04.23 at 10:09 PM

» 保身に走り「共謀罪」に沈黙するマスコミ [辺境通信 Henkyo News]
 今国会で審議入りした「共謀罪」法案。ネットでは、これに反対の立場を述べるブログ... [Read More]

Tracked on 2006.04.23 at 11:23 PM

» 【事例研究】パートナーシップと呼ばれる官民談合=国家財政の私物化:アクセンチュア社の場合(1) [エクソダス2005《脱米救国》国民運動]
バブル崩壊から郵政民営化までの一連のコイズム改革で日本経済(つまり我々の身体である共同体)は完全に心臓死の段階に達し,集中治療室で各種の延命装置に繋がれて辛うじて表層的な命脈を保っている.これを「景気回復」などと称するお調子者も見かけるが,この小康を仮にもコイズム改革の成果などとして誇るものがあるとすれば,十数万に及ぶ今次経済戦争の犠牲者・戦死者の霊は浮かばれまい. ここで延命装置とは,たとえば中国からの低価格産品輸入・外資の注入(証券・底値不動産の買い漁り→それ自体が国土の売却である)・財政出動... [Read More]

Tracked on 2006.04.24 at 10:18 PM

» 修正案でなく、改悪案? [共謀罪ってなんだ?]
4月25日午前、法務委員会では、与党だけで、 与党修正案 の審議が行われました。(審議の詳しい内容はhttp://kyobo.syuriken.jp/paper4.htm にあります) 自民党の柴山議員が質問するときは自民党の早川議員が答弁し、公明党の伊藤議員が質問するときは公明党の漆原議... [Read More]

Tracked on 2006.04.27 at 11:09 AM

» 共謀罪に反対する [僕のつぶやき。 ネットの窓から。]
サンデー毎日の06年4,16号のグラビアページに 「共謀罪の新設に反対する市民と表現者との集い」の記事が載っている 実際に犯罪行為をしなくても事前に謀議しただけで罪に問われる。 思想までとりしまるものだ。 僕も少し遅くなったが反対を表明する。 危ないぞ!共謀罪樹花舎このアイテムの詳細を見�... [Read More]

Tracked on 2006.04.27 at 08:19 PM

» レポート・共謀罪に反対する大集会 [右近の日々是好日。]
 こんばんは。今日は、4月26日に日弁連で開催された「共謀罪に反対する大集会」に参加して、私が考えたことを書きたいと思います。  今回の集会には途中から参加したため、菅直人氏、平岡秀夫氏、福島みずほ氏、保坂展人氏、仁比聡平氏といった国会議員の方々の話を聴くことはできませんでした。  けれども、森達也氏、平山正剛氏、外山雄三氏、星川淳氏、寺中誠氏、全労連の寺間氏、寺澤有氏、朴哲鉉氏、松坂英明氏、中村順英氏の話を聴くことができま�... [Read More]

Tracked on 2006.04.27 at 11:26 PM

» 旧安保条約 [瀬戸智子の枕草子]
54年前の4月28日旧日米安保条約が効力を発しました。 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 [Read More]

Tracked on 2006.04.28 at 09:55 AM

» 共謀罪について一本(国際条約関連を)書こうと思ったのだが,時間がなくなってしまった [エクソダス2005《脱米救国》国民運動]
今日は多少早めに退出してきたので(6時少し前)共謀罪について1本書くつも りでいたのだが,あっと言う間に時間が無くなってしまった.やったことは,① 米5kgと調味料・小麦粉・大根など基礎食材の買出し,②味噌汁と麻婆豆腐の調理,③炊飯だけである.これだけで確か9時を回っていた(買出しに出たのも少し遅かったが).(両手に5キロづつ下げて歩いて帰ってくるのは重たかった…) その後はネットを拾い読みして終わり.味噌汁は大根の葉の部分と豆腐半分使ってけんちん風に仕上げた.麻婆豆腐は5食分はあるだろう(材料は一... [Read More]

Tracked on 2006.05.23 at 01:43 AM

« いよいよ共謀罪法案の審議が始まる | Main | 共謀罪法案の衆議院法務委員会での採決が迫っている »