« 刑事裁判に犯罪被害者や遺族が直接参加する制度を認めることができるか? | Main | 鹿児島選挙違反事件の無罪確定が示す警察取調べ可視化の必要性 »

2007.03.07

野党4党の共謀罪対策チーム第1回勉強会に出席して

 民主党、共産党、社民党、国民新党の野党4党の有志議員が、3月6日、「共謀罪対策チーム」を発足させ、第1回の勉強会を開催した。事務局長の平岡秀夫衆院議員(民主党)ら国会議員約15人が参加した(MSN-Mainichiの記事)。野党がこの問題について一同に会することの意義は大きい。

 この日は、日弁連からのヒアリングも行われ、海渡雄一弁護士などと一緒に私も出席した。海渡弁護士を中心に、日弁連の最新の意見書(2006年9月17日付)を紹介しつつ、共謀罪法案に対する検討経過などを報告した。

 この日は、特別ゲストとして、アメリカから来日している国際弁護士のアルフレッド・ランバーモント・ウェーバー(Alfred Lambremont Webre)氏が参加され、外務省が公表している「米国・国務省から日本政府への書簡」(保坂展人のどこどこ日記2006年11月30日付「[資料]共謀罪、米国・国務省から日本政府への書簡」に日本語訳が掲載)について、批判的な発言を行った。

 その概要は、保坂議員のブログ(保坂展人のどこどこ日記2007年3月6日付「四野党「共謀罪対策」チームで米国からの報告」)で詳しく紹介されているが、私が直接聞いた記憶で、簡単に要点をまとめると以下の3点であった。

 (1)アメリカでは、州法と連邦法とは全く管轄(適用範囲)を異にしている。州内で行われたほとんどの行為は州法の対象である。州法が不十分な場合に連邦法がカバーすることはありえない。

 (2) 上記の書簡は、共謀罪とRICO法とを意図的に混同し、混乱させるように記述がなされている。

 (3) 日本は、新たな立法をすることなく、国連組織犯罪防止条約を批准することが可能であり、新たな立法をする必要はない。

 なお、参加していた江田五月議員から、「アメリカのRICO法は団体を直接規制する法律であるが、日本には団体規制を認めた法律は破防法等少なく、我が国の法体系の上では例外である。共謀罪は、一見すると団体を規制するように見えて個人責任を追及する法律となっており、その点で問題がある」との指摘があった。

 いずれにしても、アメリカ合衆国のうち、アラスカ州、オハイオ州およびバーモンド州において極めて限定的な共謀罪しか有しておらず(アラスカ州が14、オハイオ州が21、バーモント州で17)、それを踏まえて、アメリカ合衆国が、国連組織犯罪防止条約の5条を留保して同条約を批准したことは明確な事実であり、我が国においても、同様の方法で同条約の批准が可能であることが改めて確認された(ちなみに、我が国の現行法上、共謀罪・陰謀罪は21あるので、オハイオ州と同じ状況にある)。

 ところで、自民党の「条約刑法検討に関する小委員会」は、2月27日、「共謀罪」創設を盛り込んだ組織犯罪処罰法改正案の修正案要綱をまとめたと報じられている。
 そこでは、共謀罪の名称を「テロ等謀議罪」に変更するとともに、政府案では、対象犯罪を長期4年以上の罪としていた対象犯罪を、テロ、薬物、銃器、密入国・人身取引、組織犯罪の5分野に限定し、600超から4分の1以下に絞り込む内容とされている。

 この手法は、かつての通信傍受法(犯罪捜査のための通信傍受に関する法律)の制定時の手法と似ている。その当時、反対運動が盛んに行われる中で、与党は、「盗聴法」と呼ぶことをマスコミに禁ずるとともに、盗聴の対象犯罪を、組織的殺人、薬物、銃器、密入国の4分野に限定する修正案をまとめて、最終的に与党多数で可決したという経緯がある。
 おそらく、今回の自民党小委員会はその当時の手法を学んだものと思われる。そして、それは、与党だけによる「強行採決」をも睨んだものだろうと推測される。

 しかしながら、これまでに、国連犯罪防止条約批准のために新たに共謀罪立法をした国が2カ国(ノルウェーとブルガリア)しかないこと、アメリカ合衆国も条約5条を留保して批准していることなどの事実が次々と明らかになり、政府の答弁が事実を隠蔽したり事実に反していたことが明らかになっている。

 話し合っただけで犯罪となり、市民と市民のコミュニケーションそれ自体を犯罪として摘発し、そのコミュニケーションを取締りの対象とする共謀罪法案は何としても廃案にするしかない。

 与党は、参議院選挙を控えて、今通常国会では「死んだふり」を続けるようであり、参議院選挙の後の秋の臨時国会で一気に採決に持ち込もうと、虎視眈々と準備を進めている。
 私たちは、その策動を見抜いて、共謀罪法案が審議入りできないような反対運動を展開していく必要がある。そう決意した今日の会合であった。

【Today's Back Music】
 中西保志/Standards(TLCA-73156)
 「最後の雨」が有名な中西保志の新譜は、これもJ-POPの名曲のカバーが収録されている。全体的にバラード調の静かなアレンジが施されていて癒してくれる。ボーナストラックとして「最後の雨2007」が収録されている。

|
|

« 刑事裁判に犯罪被害者や遺族が直接参加する制度を認めることができるか? | Main | 鹿児島選挙違反事件の無罪確定が示す警察取調べ可視化の必要性 »

「刑事立法」カテゴリの記事

Comments

When some one searches for his vital thing, so he/she wants tto be available tthat in detail, so that thing is maintained over here.

Posted by: http://www.minifour.org | 2013.11.20 at 01:54 PM

I every time used to readd paragraph in news papers but now as I am a user of web thus from now I am using net for content, thanks to web.

Posted by: http://Www.Montreguessfemme.net | 2013.11.20 at 06:26 PM

I'm no longer certain the place you're getting your info, but great topic. I must spend somme time studying much more orr understanding more. Thank you for wonderful info I was searching for this info for my mission.

Posted by: www.sacbandouliere.net | 2013.11.27 at 02:59 AM

My brother recommended I would possibly like this web site. He used to be totally right. This submit actually made my day. You can not imagine simply how a lot time I had spent for this info! Thanks!

Posted by: http://www.designerhandbagsplaza.com/coach-purses | 2013.11.28 at 09:23 AM

Link exchange iis nothing else however iit is just placing the other person's web site link on your page at proper place and other person will also do same in favor of you.

Posted by: maxi dresses | 2013.12.04 at 07:36 AM

This design is wicked! You most certainly know how to keep a reader amused. Between your wit and your videos, I was almost moved to start my own blog (well, almost...HaHa!) Fantastic job. I rreally loved what you had to say, and more than that,how you presented it. Too cool!

Posted by: maxi dress | 2013.12.15 at 08:20 PM

Nice respond in return of thhis matter with genuine arguments and telling everything regarding that.

Posted by: lace dresses | 2013.12.18 at 10:47 PM

Hi there everybody, heere every person is sharng these kindes oof experience, therefore it's fastidious to read this website, and I used to pay a visit this web site everyday.

Posted by: wireless headphones for tv | 2013.12.19 at 09:01 PM

If you want tto take a great deal from this post then you have to apply such strategies to your won blog.

Posted by: flat screen tv | 2013.12.20 at 11:56 AM

It's going to be finish of mine day, except before end I am reading this fantastic paragraph to increase my know-how.

Posted by: Dreamhost coupon | 2014.10.08 at 04:13 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32945/14170771

Listed below are links to weblogs that reference 野党4党の共謀罪対策チーム第1回勉強会に出席して:

» NHK「命令放送」訴訟の構造(2) [高野 善通のブログアネックス]
 本日の22時からのNHK「その時歴史が動いた」では、富山イタイイタイ病訴訟における、裁判所に新たな法解釈を導き出しさせた弁護士たちの戦いを取り上げます。必見の番組です。    さて、昨日取り上げたNHK番組訴訟の構造。この訴訟に限らず、麻薬取引や贈収賄など当事者同士が合意した不法行為の場合、第三者的立場の人から民事的に訴えることは極めて難しくなります。最高裁フォーラムでの最高裁自らの判例違反「さかのぼり契... [Read More]

Tracked on 2007.03.07 at 01:50 PM

» 共謀罪 野党4党が対策チーム勉強会 [ろーやーずくらぶ]
 与党が共謀罪法案修正の動きを見せ、「小さく産んで大きく育てる」方向へシフトしましたが、民主、共産、社民、国民新の野党4党による共謀罪対策チームの勉強会が開催されました。JanJanでその模様が報道されています。... [Read More]

Tracked on 2007.03.10 at 12:49 PM

» 「ゲートキーパー法案」(密告義務法)「民主党」賛成で成立 [競艇場から見た風景]
保坂展人のどこどこ日記=「民主党は本気で密告義務法に賛成なのか」を読むと「ゲートキーパー法案」(密告義務法)が、明日の採決で民主党が賛成し、与党は今週内にも衆院を通過させ、来週中に参院で成立させる構えだそうだ。 こんな危険な法案を十分な審議もせず、通してし..... [Read More]

Tracked on 2007.03.22 at 10:39 PM

« 刑事裁判に犯罪被害者や遺族が直接参加する制度を認めることができるか? | Main | 鹿児島選挙違反事件の無罪確定が示す警察取調べ可視化の必要性 »