« 連発される死刑判決と揺れ動いている死刑基準について考える | Main | 新たな外国人在留管理制度と外国人住民台帳制度の新設を考える »

2009.04.29

裁判員制度の制度設計の誤りについて改めて考える

 裁判員裁判を導入する「裁判員の参加する刑事裁判に関する法律」(以下「裁判員法」という)は2009年5月21日から施行される予定である【5月21日から施行されている】。

 裁判員制度に批判的な超党派の国会議員でつくる「裁判員制度を問い直す議員連盟」は、議員立法で「施行時期は法律で別途定める日まで延期」するこ とを内容とする凍結法案を、5月の連休明けにも提出する方針を決めているが、これによって裁判員制度が凍結される可能性は低いと言わざるを得ず、今のとこ ろ、裁判員制度が実施されることは避けられない見通しである。

 この制度には色々な問題点や欠陥があるが、ここでは、特に制度設計として大きな誤りを犯したと考えられる点について、改めて指摘しておきたい。

 第1には、責任能力が争われる刑事事件を対象にした点である。
 裁判員法は、裁判員裁判の対象事件を、死刑又は無期刑に当 たる罪と短期1年以上で故意の犯罪行為により被害者を死亡させた罪とするだけであるから、自白事件か否認事件かを問わず対象となるし、統合失調症などを理 由に責任能力がなかったとして無罪を争う事件も当然に裁判員裁判の対象事件となっている。

 しかしながら、全国各地で行われた模擬裁判においては、裁判員役の市民の中で、心神喪失を認めながら有罪を主張した人がいると言われている(東京新聞2009年4月11日付朝刊)

 元々、責任能力や心神喪失という概念は市民には分かりにくい。人を殺しておきながら、刑事責任が問われないのは被害者が「やられ損」ではないかと いう素朴な疑問が出るのもやむを得ないと考えられる上に、統合失調症などの精神症状についても理解がない市民が、責任能力が争われる刑事裁判を裁判員とし て担当するのはあまりにも負担が重すぎるというのも理解できるところである。

 第2に、少年の刑事事件を対象にした点である。
 2000年の少年法改正によって、18歳以上の少年については原則逆送制度が導入されたことから、故意によって被害者を死亡させた事件の多くが刑事裁判となり、裁判員裁判対象事件になることが予想される。

 ところが、少年の刑事事件では、少年の生育歴などから、もう一度、家庭裁判所に少年を戻して保護処分(少年院送致など)を受けさせるべきであるとして争われることがある。
 その場合、裁判員は、その少年である被告人について、保護処分が相当か、刑事処分が相当かを判断することが求められるが、それを判断するためには、その前提として、少年法や少年事件についてのある程度の理解が不可欠である。

 また、少年事件については、家庭裁判所の調査官が詳細な調査を行い、その結果をまとめた少年調査票を作成するが、それを裁判員裁判の公判廷において証拠として取り調べて全文朗読することは、その少年の生育歴等のプライバシーが全て暴かれることになりかねない。

 すなわち、少年の刑事事件においては、成人事件と異なって、少年の生育歴等を法廷で明らかにすることによって少年のプライバシー侵害という事態が 生じるとともに、他方で、少年の生育歴等を知らなければ保護処分と刑事処分のいずれが相当かを判断できないというジレンマを抱えている。

 第3に、裁判員に量刑判断までさせることにした点である。
 英米でとられている陪審員制度では、原則としては有罪・無罪の判断についてだけ陪審員が関わり、量刑は裁判官が判断している(アメリカの一部の州では、死刑か否かについて陪審員が判断している)
 これに対し、裁判員制度では全ての事件について、裁判員は、有罪・無罪の判断だけでなく、量刑判断まで行うことになっている。

 しかしながら、量刑判断というのは、個々の事案における被告人の資質や環境などを踏まえて判断すべきことであり、極めて難しく微妙な判断が求められる。

 しかも、我が国では、死刑か無期かが争われるような重大な犯罪について裁判員制度を導入したために、裁判員が、目の前の被告人を死刑にするか無期 にするかが迫られる難しい判断が求められる。結果は多数決で決められるため、死刑に反対した裁判員が、その被告人が死刑執行されたことを知って、精神的な 呵責を覚えたり、苦しい思いをすることも大いに予想される。

 死刑か否かの判断にも関与するカリフォルニア州の陪審員が、死刑評決をした後に、PTSDにかかったり、自殺する者もいると言われており、陪審員 の精神的ケアのための専門のカウンセラーもいるようである。我が国の裁判員制度では、そのような精神的ケアの態勢が極めて不十分であるし、そもそも、その ような苦痛を与えるような制度設計をしたことについて大きな疑問がある。

 このように、まもなく始まる裁判員制度には、そもそも制度設計において、大きな誤りを犯していると言わざるを得ない。このことは、今後の運用の中で、やがては裁判員制度そのものへの疑問に繋がる可能性がある位大きな問題であると考えられる。

 しかしながら、そのような矛盾や問題を抱えながら、裁判員制度はスタートしてしまうだろう。私たちは、膨大な予算を投入して幻想を振りまかれる裁判員制度に対して、批判的な立場から、その運用状況に目を光らせる必要があるだうう。

【Today's Back Music】
 松下奈緒/pf(ESCL-3157)
   ピアニスト、作曲家、俳優である松下奈緒の3枚目のアルバム。全体に非常に静かな曲が多く、心象風景が描かれるような演奏だが、何回も聴いている内に、 心が洗われるような癒し的効果を感じた。先日、東京国際フォーラムで行われたライブに初めて行ったが、その際の曲の説明や演奏を聴いて、改めてこのアルバ ムを聴きたいと思った。

|
|

« 連発される死刑判決と揺れ動いている死刑基準について考える | Main | 新たな外国人在留管理制度と外国人住民台帳制度の新設を考える »

「刑事立法」カテゴリの記事

Comments

こんばんは
裁判員制度の欠陥や矛盾を批判していく必要性は痛感しています。
しかし、一つに「市民は○○だから…」という批判のしかたは、制度批判というより偏見の吐露にしか感じられません。
もう一つは、現状を基準として裁判員制度がどうなのか論じるべきではないでしょうか。
責任能力を否定する検察・弁護側双方の鑑定結果を無視して有罪判決を強行したのは、市民ではなく職業裁判官ではなかったでしょうか。少年犯罪についても保護から処罰への動きを進めているのは検察と職御裁判官でしょう。
米国の諸州では死刑判決については例外的に陪審員の関与を義務づけています。なぜなのか、民主主義とは…という視点から考えてみる必要があるでしょう。
裁判員制度批判のために現状制度の腐敗と欠陥を無視するのは改革の道を閉ざすことになるのではないでしょうか。。

Posted by: 自由ネコ | 2009.05.23 at 12:04 AM

今度の衆議院選挙と同時に、最高裁判所の裁判官の信任投票があります。裁判官の多くは、最初は裁判員に反対していたのに、途中で突然賛成に変えました。そこで、全員不信任に投票するのはどうでしょうか。

Posted by: 怒れる猫 | 2009.08.28 at 11:07 AM

Quality articles is the crucial to be a focus for the visitors to go to see the site, that's what this web site is providing.

Posted by: zetaclear nail fungus relief | 2013.03.05 at 09:50 PM

At this time it appears like Expression Engine is the preferred blogging platform available right now. (from what I've read) Is that what you are using on your blog?

Posted by: hair treatment options | 2013.03.19 at 01:43 AM

Hi, after reading this awesome article i am as well cheerful to share my know-how here with colleagues.

Posted by: Chastity | 2013.12.31 at 02:14 PM

I am really loving the theme/design of your site. Do you ever run into any web browser compatibility issues? A couple of my blog readers have complained about my website not working correctly in Explorer but looks great in Firefox. Do you have any ideas to help fix this issue?

Posted by: Toenail Fungus laser treatment | 2013.12.31 at 09:59 PM

I know this if off topic but I'm looking into starting my own weblog and was curious what all is required to get set up? I'm assuming having a blog like yours would cost a pretty penny? I'm not very web savvy so I'm not 100% positive. Any suggestions or advice would be greatly appreciated. Kudos

Posted by: toenail fungus home remedy | 2014.01.13 at 03:39 AM

Greetings! This is my first visit to your blog! We are a group of volunteers and starting a new project in a community in the same niche. Your blog provided us valuable information to work on. You have done a wonderful job!

Posted by: best appetite suppressant | 2014.01.15 at 01:44 PM

Whats up very nice web site!! Guy .. Excellent .. Superb .. I will bookmar your web site and take the feeds also? I'm glad to seek out so many helpful info right here in the publish, we need work out extra techniiques on this regard, thanks for sharing. . . . . .

Posted by: GiftCardsDeals.com | 2014.05.30 at 03:03 AM

I'm extremely pleased to find this great site. I need to to thank you for ones time just for this fantastic read!! I definitely liked every bit of it and I have you book marked to see new things in your site.

Posted by: disney rapunzel coloring page | 2014.07.06 at 04:24 PM

I visit daily some websites and information sites to read articles, except this blog presents feature based posts.

Posted by: disney kids Activities | 2014.08.01 at 05:54 PM

Every weekend i used to pay a visit this web site, for the reason that i want enjoyment, as this this site conations actually nice funny material too.

Posted by: preschool | 2014.08.08 at 07:10 AM

I don't even know how I ended up here, but I thought this post was good. I don't know who you are but certainly you are going to a famous blogger if you are not already ;) Cheers!

Posted by: zetaclear reviews | 2014.08.18 at 10:45 AM

Highly energetic article, I liked that bit. Will there be a part 2?

Posted by: zetaclear reviews | 2014.11.01 at 03:48 AM

We're a group of volunteers and starting a new scheme in our community. Your website provided us with valuable information to work on. You've done a formidable job and our entire community will be thankful to you.

Posted by: harga jual pasir silika per kilo | 2015.03.07 at 08:09 AM

Really no matter if someone doesn't be aware of afterward its up to other users that they will help, so here it takes place.

Posted by: inbound links | 2015.07.06 at 09:06 AM

It's іn fact very difficult in this full of activity life to listen news on ƬV, thhs I just use ԝorld wide web foг thbat purpose, and obtain the hottest neѡs.

Posted by: bob evans voucher | 2015.07.13 at 08:42 PM

What's up i am kavin, its my first time to commenting anywhere, when i read this piece of writing i thought i could also create comment due to this good paragraph.

Posted by: [source] | 2015.07.19 at 03:21 AM

Ideal work you have performed, this site is actually cool with good information.

Posted by: Armando | 2015.09.21 at 04:22 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32945/44833014

Listed below are links to weblogs that reference 裁判員制度の制度設計の誤りについて改めて考える:

« 連発される死刑判決と揺れ動いている死刑基準について考える | Main | 新たな外国人在留管理制度と外国人住民台帳制度の新設を考える »