« 検察の特別捜査部は解体されるべきである | Main | 「検察の在り方検討会議」で何が問われているのか »

2010.10.27

ブラックボックス化された検察審査会による強制起訴を考える

 検察審査会制度の意義が大きく問われる事態となっている。

 民主党の小沢一郎氏の資金管理団体「陸山会」が2004年に土地を購入した際、小沢氏の手持ち資金4億円を原資としながら、同年、2005年、 2007年分の収支報告書に虚偽の記載をしたなどとして、東京地検特捜部による強制捜査が実施され、衆議院議員石川知裕氏ら元秘書3人が起訴された。

 東京地検特捜部は、2010年2月に小沢氏を不起訴処分(嫌疑不十分)としたが、小沢氏を告発した 市民団体が不服として、検察審査会に審査を申し立てた。これを受理した東京第五検察審査会は、2010年4月、「起訴相当」を議決した。その後、東京地検 特捜部は小沢氏と元秘書らを再聴取したうえで、「新証拠が得られなかった」 として、2010年5月に、改めて小沢氏を不起訴としたため、東京第五検察審査会が第2段階の審査を進めていたが、2010年10月4日に起訴議決をした ことが公表された。

 これによって、全国で4件目(既に、兵庫で2件、沖縄で1件の強制起訴が行われている)の強制起訴になることが決定した。

 小沢氏は、この起訴議決に対して、その取消を求める行政訴訟を、2010年10月15日に東京地裁に提起し、執行停止を申し立てたが、東京地裁 は、「刑事裁判において争うべきである」として10月18日に執行停止申立を却下し、それに対する東京高裁への即時抗告も棄却されている。

 2010年10月22日には、東京第二弁護士会が東京地裁に推薦した3名の弁護士が指定弁護士として任命されて、強制起訴に向けた動きが開始されている。早ければ年内にも起訴される見通しである。

 私は、かつて、検察審査会制度は、新たな被告人を生む制度であり、現在の日本では起訴されるだけで、マスコミに「犯人視」報道され、ほとんど有罪視されることから、社会生活上も様々な不利益を受けるおそれがあることを指摘したことがあるが(検察審査会制度の改革と今後の課題、まさにそのような事態となっている。

 今回、小沢氏という日本の政治家の中でも希有な実力者について強制起訴される事態に至ったが、メディアでは小沢氏を「犯人視」して大々的な報道を している。それを受けて、現在行われている臨時国会においても、自民党を始めとする野党からは、小沢氏の証人喚問を要求する動きがあり、与党である民主党 内においても、政治倫理審査会での説明は避けられず、岡田幹事長が小沢氏にそれを要請するという動きとなっている。

 ところで、今回の東京第五検察審査会による第2段階の審査については、何回審査会が開かれて、どれ位の時間をかけて審査が行われたのか、審査補助員が審査においてどのような役割を果たしたかなどが全く公開されないために様々な憶測を生んでいる。

 特に、検察審査会事務局が公表した審査員の平均年齢が、当初、30.9歳で異例に若いことから話題となったが、その後、事務局が何度も訂正を繰り返し、最終的に34.55歳に訂正されたが(東京新聞2010年10月16日付「こちら特報部」記事)、その経緯が不可解であることから、果たして検察審査員は実在するのかという根本的な疑問すら出されるに至っている。

 この経過から言えることは、検察審査会は、そこに参加する市民のプライバシー等を守るために、極端にブラックボックス化し過ぎたのではないかとい うことである。これは、同じ時期に作られた裁判員裁判についても同様であり、市民である裁判員のプライバシーを守るために、判決書にも裁判員の氏名は記載 されないし、法廷でも名前は呼ばれず、テレビ撮影にも映されない。

 しかしながら、そのようにブラックボックス化された検察審査会が、検察官とは別に、独立した強制起訴権限を有することになった訳であり、本来であ れば、ある程度の説明責任を負うべきところ、ほとんど説明責任が果たされないような制度設計になっていることが今回明確になったと言える。

 検察による起訴については、日本の裁判所では99.9%の有罪率であると言われており、それが起訴による「犯人」視に繋がっているが、検察審査会による起訴の場合にはそのような高い有罪率になるとは考えにくい。

 公務員犯罪について検察官が起訴しなかった場合に、地方裁判所に付審判請求をして裁判所が審理し地方裁判所が理由があると認めた場合には起訴され たものとみなすという付審判制度においても、弁護士が検察官役を務めて刑事裁判を追行しているが、その有罪率は概ね50%程度だと言われている。この違い を十分に理解しなければならない。

 だから、検察審査会による強制起訴を導入する際には、強制起訴による「犯人視」によって、起訴される者の名誉や信用が低下させられ、社会生活上 様々な不利益を受けるおそれがあるから、そのような懸念を完全に払拭するようにしなければならなかったのに、そこには何の手も付けないまま、検察審査会に よる強制起訴制度を導入した点に問題があったことになる。

 ブラックボックス化した検察審査会に、強制起訴権限を与えたことは、別の面でも、新たな問題を提起している。

 2010年10月25日、鹿児島県阿久根市の竹原信一市長が独断で専決処分を繰り返した問題に関連して、「行政関係事件専門弁護士ネットワーク九 州」のメンバーである弁護士ら25人が阿久根市長を背任容疑で刑事告発した。これは不起訴になった後の検察審査会を睨んだ動きであることは明らかである。

 

今後、市民が、検察審査会による強制起訴に期待して刑事告発する動きが広がることが予想されるが、それは、結局、国家権力による刑事制裁の発動に期待するという動きであり、本当にそれで良いのかという疑問も出るところである。

 元々、検察審査会に強制起訴権限を付与するなどの改正は、裁判員制度の導入などが行われた司法改革の際に併せて実施されたが、国会でもほとんど議 論されることなく、政府の司法改革推進本部が作成した法案を丸呑みして制定されたものであり、国会による議論はほとんど尽くされていない。

 小沢氏をめぐる検察審査会の動きは、改めて、ブラックボックス化した検察審査会の権限の強大さとその説明責任の欠如を明らかにしてくれた。この機 会に、私たちは、もう一度、検察審査会のあり方がこのままで良いのかについて考える材料を提供してくれている。私たち市民が検察審査会とどう向き合ってい くのかを真剣に考えていきたい。

【Today's Back Music】
 JUJU/Request(AICL-2178)
  女性ボーカリストJUJUによるJ-POPのカバーアルバム。選曲、アレンジが優れており、最近、何度も繰り返して聴いている。

|
|

« 検察の特別捜査部は解体されるべきである | Main | 「検察の在り方検討会議」で何が問われているのか »

「刑事立法」カテゴリの記事

Comments

行きますね!!

「入門セミナー:現代日本の刑事法批判」

第9回:検察崩壊――最低限必要な改革は何か

「大阪地検特捜部検事の前田恒彦(43歳)は、確かに悪い。その上司の特捜部長
だった大坪弘道(57歳)は、もっと悪い。しかし、果たして彼らのみが悪なの
か。彼らを断罪すれば、それで事足りるのか。
断じてそうではないはずだ。
問題の本質は、法務・検察の組織そのものにある。いや、もっと正確に記すな
らば、この国の刑事司法全体に、救い難いほどの病巣が蔓延っているのだ。だか
らこそ、末端の特捜検事たちは慢心し、暴走し、ついにはこれほど滅茶苦茶な所
業を仕出かすことになった。」

「押収資料の改竄にまで手を染めた大阪地検特捜部の所業は論外にせよ、前田や
大坪といった不良検事は、腐りきった刑事司法システムの末端で薄汚く蠢いた芥
の如き存在に過ぎない。徹底的に指弾するべきは、法務・検察権力全体の暴走構
造であり、それを許してきた刑事司法システム全体を覆っている劣化の構図である。
当面は少なくとも、取り調べの全面可視化導入が必須作業となるだろう。さら
には特捜検察など解体し、検事総長の民間登用なども推し進めるべきだ。
しかし、それだけではまったく十分ではない。「代用監獄」の廃止や検察・警
察が押収した証拠類の全面開示、そして何よりも司法官僚に牛耳られた裁判シス
テムの抜本改善が、何よりも求められている。」(宮岡悠)

パネル:

青木 理さん(ジャーナリスト)

宮本弘典さん(関東学院大学教授)

山下幸夫さん(弁護士)

2010年11月19日(木)午後6時半(開会)、開場6時

会場:佃区民館

東京都中央区佃二丁目17番8号
電話03-3533-6951
http://mappage.jp/S/S04.php?X=2.4397596550001&Y=0.62241435210001&L=12&PKN=13102S040015

主催:救援連絡センター

http://qc.sanpal.co.jp/

Posted by: 大山千恵子 | 2010.10.27 at 01:55 PM

FjUepc http://cje6CgslLk0ds3Nnto7djJaor.com

Posted by: robert | 2010.11.09 at 07:27 PM

 小沢一郎に対する検察審査会の強制起訴議決については、私も反対です。

 しかし、日本では公務員の犯罪について警察・検察を初めとして、司法機関である裁判所も非常に怠慢であり、起訴(有罪に)される事が民間の犯罪被疑者と比較して非常に少ない事は周知です。

 したがって、検察審議会の議決による強制起訴議決は、上記の意味で歓迎すべきものと考えます。何事にも欠陥があるものですから、ご指摘のような事柄は今後の修正によって解消してゆけばよいでしょう。

 ついでにいえば、私は、今テレビなどでよく見かける「脳科学者」茂木健一郎の脱税犯罪を告発しようと準備しています。

 茂木は、2年間にわたって総額2億円以上の所得を脱税し、しかも最初の脱税の後で税務当局から警告されていたにもかかわらず、脱税をしていた(本人に言わせると、仕事が忙しくて申告を忘れていた、だと)のですから、意図的な脱税である事は明らかですが、なぜか重加算税を課されただけで、所得税法違反として告発される事もなく一件落着になりました。

 これはきわめておかしなことで、起訴して刑務所にぶち込むべきであると考えますので、所得税法違反として告発する事を予定しています。

 今の検察庁の姿勢ではこの告発は多分不起訴又は起訴猶予となって不発に終わるでしょうが、そうなったら検察審査会に申し立てすれば、いくら腑抜けで偏向している審査会でも審査員は脱税には厳しいでしょうから多分起訴相当又は不起訴不当の議決を得る事は間違いないでしょう。

 2億円以上も脱税しておきながら、いかにも純朴な善人めいたツラでのうのうとテレビに出まくって稼いでいる茂木健一郎は絶対に許せません。
 

Posted by: 井上信三 | 2010.11.18 at 10:36 AM

Sorry for the stupid question. What is the best search engine http://google.com or http://yahoo.com?

Posted by: adulticealaft | 2011.02.09 at 05:14 AM

What you posted made a bunch of sense. But, what about this? suppose you typed a catchier post title? I am not suggesting your content is not solid, but what if you added a headline to maybe grab folk's attention? I mean ブラックボックス化された検察審査会による強制起訴を考える: 法と常識の狭間で考えよう is a little vanilla. You ought to peek at Yahoo's home page and note how they create post titles to get people to click. You might try adding a video or a related pic or two to get readers interested about everything've written. Just my opinion, it could make your posts a little livelier.

Posted by: free films To Watch | 2014.07.17 at 07:45 AM

Hello! I'm at work browsing your blog from my new iphone! Just wanted to say I love reading your blog and look forward to all your posts! Carry on the fantastic work!

Posted by: free films to watch | 2014.07.17 at 08:26 PM

I am actually happy to read this blog posts which contains tons of valuable information, thanks for providing these statistics.

Posted by: Alejandro | 2014.10.28 at 04:05 AM

Like Slandr, the Twitter mobile page isn't a client at all. This will allow you to get the most out of your efforts and you'll be able to leverage Twitter even in the future. The character limit that Twitter sets is somehow reminiscent of this journalism technique.

Posted by: Twitter Hack Method | 2015.04.05 at 10:43 PM

Repeat this 10 times.

Posted by: sinus pressure points | 2015.07.18 at 08:15 PM

Very nice post. I just stumbled upon your blog and wished to say that I've really enjoyed surfing around your blog posts. In any case I'll be subscribing to your feed and I hope you write again soon!

Posted by: help with essay writing | 2015.08.11 at 09:20 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32945/49858123

Listed below are links to weblogs that reference ブラックボックス化された検察審査会による強制起訴を考える:

» 小沢氏の政倫審出席巡り、民主党内で綱引き [サッカーはエンターテインメントだ! ]
民主党内で、検察審査会の議決で強制起訴される小沢一郎元代表への対応を巡り、岡田幹事長ら党執行部と小沢氏に近い議員との間で綱引きが続いている。 [Read More]

Tracked on 2010.10.27 at 10:32 AM

« 検察の特別捜査部は解体されるべきである | Main | 「検察の在り方検討会議」で何が問われているのか »