« コンピュータ監視法案が審議入りし成立の可能性が高まっている | Main | コンピュータ監視法が成立した後の動き »

2011.06.14

参議院法務委員会の参考人意見陳述

 「情報処理の高度化等に対処するための刑法等の一部を改正する法律案」(いわゆるコンピュータ監視法案)は、2011年5月31日に衆議院法務委員会において可決され、同日、衆議院法務委員会において緊急上程されて可決され、参議院に送付された。

 その後、同年6月7日に参議院法務委員会において、江田五月法務大臣による趣旨説明がなされて審議入りし、同月9日は与野党議員による質疑がなされ、同年14日には参考人質疑が行われた。

 私は、日本弁護士連合会からの推薦で、参考人の一人として意見陳述を行った。他に、前田雅英氏(首都大学東京大学院教授)と高木浩光氏(独立行政法人産業総合研究所情報セキュリティ研究センター主任研究員)が参考人として意見陳述を行った。その模様は、参議院インターネット審議中継のホームページから視聴することが可能である。

 ここでは、私の意見陳述の内容を紹介しておくが、その内容は、あくまでも日本弁護士連合会を代表して行うもので、私個人の見解とは異なっているが、これも私の立場性を踏まえた意見であるので、参考までに紹介しておきたい。

 なお、この法案については、同月16日の参議院法務委員会の質疑を経て採決され、同月17日の参議院本会議で可決・成立する見込みである。

意見陳述

1 私は、日本弁護士連合会においてこの法案を所管している国際刑事立法対策委員会の委員長をしている弁護士の山下と申します。

 私は、かつて、この法案の前身となる法案審議の際、平成17年10月26日に、衆議院法務委員会において参考人として意見を述べる機会をいただいたことがありました。
 今回、参議院法務委員会においても意見を述べる機会をいただいたことに心より感謝申し上げます。

 本日は、資料として、日弁連がこの法案の前提となる要綱案を検討していた法制審議会刑事法(ハイテク犯罪関係)部会の審議に際して、日弁連としての意見をまとめた2003年7月18日付意見書と、今回の法案審議に際して慎重審議を求める本年5月23日付の会長声明を配布させていただいておりますので、適宜ご参照いただければ幸いです。

2 最初に、日弁連は、今回の法案提出にあたって従前の法案が修正された上で提出された経緯に鑑みて、この法案の一部に反対するという立場から、慎重審議を求めるという立場に態度を変更しておりますことを、明らかにさせていただきます。

 以下においては、このような日弁連の立場から、国会でのこれまでの審議の経過を踏まえて、この法案に対する意見を述べさせていただきます。

3 まず、不正指令電磁的記録等の作成等に関する罪についてです。

 日弁連は、かつて、正当な試験行為やアンチウイルスソフトの作成が処罰されないことが明確にされることを求めており、法務省は、このような場合に は「人の電子計算機における実行の用に供する目的」という目的を欠くと説明していましたが、今回の法案提出時に「正当な理由がないのに」との文言が付せら れたことにより、その点はより明確になったものと考えられます。

 問題は、作成・提供・供用等の対象となる不正指令電磁的記録の範囲が明確になったか否かという点です。

 改正される刑法168条の2第1項1号の「人が電子計算機を使用するに際してその意図に沿うべき動作をさせず、又はその意図に反する動作をさせる べき不正な指令を与える電磁的記録」との文言は、誰もが異論なく処罰すべきであると考える電子ウイルスを含む広い概念と考えられることから問題となりま す。

 この点をめぐっては、衆参の法務委員会において、特に、フリーソフトウェアなどのバグをめぐって議論を呼んでおります。この点については、前田参 考人からも意見が述べられましたし、高木参考人からも詳しいご意見が述べられると思いますので、深く立ち入らないことにしますが、コンピュータ・プログラ マーやインターネットを利用する多くのユーザーがその適用をめぐって不安を抱くことがないように、法務省が条文解説を公表したり、その具体的な運用を通じ て、その外延を明確にする必要があると考えます。

4 次に、記録命令付差押えや電磁的記録に係る記録媒体の差押えの執行方法の整備についてです。

 衆議院法務委員会での審議において、原本である電磁的記録と別の記録媒体に複写等した電磁的記録の同一性をどのように担保するかについては、江田 法務大臣から、書き換えが不能な記録媒体に記録をしたり、複写の過程を記録することなどが考えられる旨を答弁し、その方向性が明確にされたと考えられます ので、今後の運用上、それを具体的に実行することが求められます。

 他方、記録命令付き差押えを定める刑訴法99条の2と同法110条の2の差押えの関係について、江田法務大臣は、被処分者がどの程度協力してくれ るかなどの事情によって使い分けるとして、プロバイダ等の第三者であっても、記録命令付差押えではなく、刑訴法110条の2により、サーバー等を全て差し 押さえることもありえる旨を答弁しています。

 かつて、いわゆるbekkoame事件についての東京地裁平成10年2月27日決定(判例時報1637号152頁)は、プロバイダーのサーバー全部の差押えに対する準抗告に対し、被疑者以外の会員のデータを差し押さえたことにより、被疑事実と関連性のないデータを差し押さえたことになるとして、その差押えは違法であると判断ています。

 したがって、プロバイダのような通信事業者が記録命令付差押えに協力しないことか予想されるからと言って、サーバー全部を直ちに差し押さえられることができるとするには無理があると考えられますから、より慎重な運用が期待されます。

5 次に、いわゆるリモート・アクセスについてです。

 憲法35条1項が、捜索する場所と押収する物を特定した令状に明示されることを求めていることから、日弁連は、リモート・アクセスによって接続さ れている接続先のコンピュータにある電磁的記録を差し押さえるリモート・アクセスが憲法35条の趣旨に反するおそれがあることを指摘していました。

 今回の法案では、従前の法案にはなかった「当該電子計算機で作成若しくは変更をした電磁的記録又は当該電子計算機で変更若しくは消去をすることが できることとされている電磁的記録を保管するために使用されていると認めるに足りる状況」という文言が追加され、リモート・アクセスで閲覧できるだけの電 磁的記録を差し押さえることができない点が明確にされた点は評価できます。

 例えば、ネットストレージ・サービスのように、特定のIDとパスワードでアクセスすると特定の記憶領域だけにアクセスできる一対一の関係にある場 合には機能的に一体であることが明確であると考えられるのに対して、本社のコンピュータと地方にある複数の支社のコンピュータが電気通信回線で接続されて いるような一対一の関係にない場合には、この機能的一体性が弱いと考えられます。このような場合には、実際にリモート・アクセスして初めて、どの支社のコ ンピュータに、被疑事件と関連性がある電磁的記録があるか否かが判明する場合もあると考えられ、そのような場合においては、裁判官による事前の令状審査の 範囲を超えて、現場の捜査官の判断によって差押えが執行される可能性がないとは言えず、この点についての衆参の法務委員会の審議においては、その濫用のお それをどう防ぐかについては、必ずしも十分な審議がなされたとは言えないと考えられます。

 また、リモート・アクセス先が海外サーバーである場合について、衆議院法務委員会の審議において、江田法務大臣は、明らかに他国にある場合には主 権侵害になるから捜査共助などを要請することが望ましいと答弁していますが、他方で、記録命令付差押えを利用し、命令を受けた民間人が海外サーバーにアク セスして複写等をすることは主権侵害の制約にはかからない旨答弁し、民間人を介することで越境的な捜査の可能性を認めていますが、それが濫用されないのか が危惧されます。

 以上から、リモート・アクセスについても、今後、法務省が条文解説を公表したり、その具体的な運用を通じて、その運用の在り方について明確にされる必要があると考えられます。

6 次に、通信履歴の保全要請についてです。
 今回の法案提出時に保全の必要性を要件としたこと、保全期間の短縮及び保全要請を書面で行う こととした点は評価することができます。また、衆議院法務委員会での審議において、江田法務大臣が、件名は通信内容であり、保全要請の対象となる「その他 の通信履歴」には、件名すなわちタイトルは含まれないことを答弁で明確にした点は評価できます。

 次に、サイバー犯罪条約16条が通信内容と通信履歴を区別しないで迅速な保全を要請しており、通信内容に関する保全要請の国内法化が必要か否かに ついては、衆議院法務委員会の審議において、外務省総合外交政策局長から、サイバー犯罪条約15条により国内法制との整合性が前提となっている旨の答弁が なされ、江田法務大臣からは、今回の法案でサイバー犯罪条約が求めている国内法整備は全て満たしているとの答弁がなされたことにより、この点に関する国内 法化はなされないことが明確にされたことは評価できると考えられます。

 ところで、電子メールの通信履歴は、通信内容に対してコンピュータが自動的に付与するもので、両者は事実上一体のものであるとすると、通信履歴に 対する保全要請によって、事実上、通信内容も保全されることになり、保全要請の後に裁判官の発する差押許可状によって、通信履歴とともに、通信内容につい ても同時に差し押さえられることになるのではないかとの懸念があります。江田法務大臣は、参議院法務委員会の審議において、「内容も残っておれば、今後、 差押えのときにその内容も取得することにはなる」と答弁していますが、これがいかなる意味かが明確ではないことから、この点の懸念については、今後の国会 での審議などを通じて、この点が明確にされることが必要であると考えられます。

 次に、保全要請はあくまでも任意捜査であるとされています。衆議院法務委員会の審議において、江田法務大臣は、プロバイダ等が協力してくれないと いうことを捜査機関によって事前に察知したら、サーバー等の差押えに踏み込んでいく旨を答弁していますが、そうだとすると、プロバイダ等がなかば強制的に 保全をしなければならなくなる事態が懸念されますが、そのような運用がなされることがないように十分な配慮がなされるべきであると考えられます。

 日弁連は、かつて公表した意見書において、通信履歴の保全要請が任意捜査とされ、裁判官による事前の審査を経ないことから、捜査機関による濫用を 外部からチェックするために、犯罪捜査のための通信傍受に関する法律--以下、通信傍受法といいます--にならって,政府が国会に対して、保全要請の件数 並びにそのうち差押許可状請求まで至った件数,保全要請に係る罪名,保全要請に係る通信手段の種類及び保全要請が行われた事件に関して逮捕した人員数を国 会に報告させることを提案しました。

 衆議院法務委員会における審議において、今回の法案では、書面により保全要請することとされたことやサイバー犯罪の検挙数が年間約7000件程度 であることから、保全要請について国会報告の対象とすることは可能であり、かつ、導入すべきであるという意見も出されております。
 保全要請の件数と、そのうち実際に差押許可状請求まで至った件数を比較することによって、保全要請が濫用されていないかどうかを判断することがある程度可能であることを考えると、国会報告については、少なくとも運用によって実現することが望ましいと考えられます。

7 最後に、この法案が成立した後に予定されるサイバー犯罪条約の批准による影響についてです。

 国会は、平成16年4月、サイバー犯罪条約を批准することを承認する決議をしていますので、この法案が成立すると速やかに批准されることが予想されます。

 サイバー犯罪条約20条は、締約国に対して、リアルタイムで通信履歴--サイバー犯罪条約は「通信記録」と言いますが--を収集することを、サイバー犯罪条約21条は通信内容を傍受することを、それぞれ国内法で整備することを求めています。

 サイバー犯罪条約21条が、自国の国内法に定める重大な犯罪について、通信内容の傍受、すなわち収集又は記録することを、国内法で整備することを求めている点については、通信傍受法によって担保されていると考えられます。

 これに対して、サイバー犯罪条約20条が、特に犯罪を限定することなく、通信の履歴をリアルタイムで収集又は記録することを国内法で整備することを求めています。
   通信傍受法は、薬物関連犯罪、銃器関連犯罪、集団密航の罪、組織的な殺人の4類型の重大犯罪についてしか通信の傍受を認めていませんので、サイバー犯罪 条約20条を満たしていないのではないかが問題となります。なお、サイバー犯罪条約42条は、この規定の留保は認めていません。

 この点について、衆議院法務委員会での審議の際に、江田法務大臣は、サイバー犯罪条約20条は、刑事訴訟法218条に基づく検証によって担保されていると答弁しました。

 通信傍受法の成立前には、電話の傍受を検証許可状で実施した例があり、最高裁判所平成11年12月16日第三小法廷決定(判例時報1701号163頁)は一定の条件の下では憲法に違反しないと判断しています。
  通信傍受法は、厳格な要件を満たす場合に、裁判官の発する,傍受すべき通信及び傍受の実施の対象とする通信手段を明示する傍受令状によって通信傍受を認め ており、この法律が制定された後は、通信の内容をなす通信履歴についても、通信傍受法の定める要件と手続に従って実施されるべきであり、サイバー犯罪条約 20条が求める通信履歴のリアルタイムでの収集又は記録については、検証許可状によって実施すべきではないと考えられます。

 日弁連の会長声明において、「この法案が成立すれば、我が国もサイバー犯罪条約を批准することになるが、その結果、通信傍受法の改正につながる可能性もある。」と述べたのはその趣旨です。 

衆参の法務委員会の審議において、この点についての審議が十分に尽くされたとは言えず、今後の国会審議において、この点をより深める審議がなされることに期待したいと思います。

8 コンピュータやネットワークが高度に発達し、私たち国民の生活においては今や不可欠の存在となっています。この法案が成立することによって、コンピュータやネットワークの利用に支障を来したり、その利用を萎縮させるようなことがあってはならないと考えられます。

 国会には、そのような国民の不安を払拭することが強く期待されており、今後も慎重で充実した審議を期待したいと思います。

|
|

« コンピュータ監視法案が審議入りし成立の可能性が高まっている | Main | コンピュータ監視法が成立した後の動き »

刑事司法」カテゴリの記事

Comments

「霞ヶ関はカス身が先な人災大量生産組織である。解体せよ。」

人類の恥地位協定を破棄して人災製造組織霞ヶ関を解体しなければ復興など絶対にできない相談である。

子供でもわかるこんな単純なことに普通の大人が気づかないはずがないんだが。

Posted by: 通りがけ | 2011.06.15 at 01:14 AM

人災犯罪の責任者(犯人)を推理する。 (その1)

まず最初に、天下りはあくまでも汚職犯罪です。受け入れ企業側の贈賄であり天下る本人の収賄です。

保安院と東電の現在の関係は汚職犯罪の共犯者関係にあります。これだけでも刑事訴追対象の犯罪組織です。

そして今回の地震で事故を起こした原子炉の整備不良運転を保安院と東電が共謀して行っていた安全運転義務違反・注意義務違反がすでに明らかです。
>>http://c3plamo.slyip.com/blog/archives/2011/06/post_2095.html
>>http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/post-7e48.html
これらの違反行為は事故が起きた場合には必ず刑事責任を追及される過失犯罪を形成します。
それが日本の刑法ですから、内閣が勝手にこれを変えることは不可能です。
また事故発生後に法律を変えてもすでに犯した犯行事実をなかったことにはできませんので、犯行時点の法に従って処罰されます。

ということで、原発メルトダウン放射能漏れ事故を起こした時点ですでに東電と保安院は業務上過失(メルトダウン)致死傷罪有罪の刑法犯罪者なのです。

テレビのAC広告機構の交通事故CMでもやっているでしょう、「まさか私が犯罪者になるなんて・・・」。
あれと同じことですね。

あとCMつながりで言うと、飲酒運転の同乗者も逮捕されるから、東電保安院の犯行証拠隠滅に協力し賠償責任救済スキームを出した菅内閣も、それだけで全員逮捕ですね。

Posted by: 通りがけ | 2011.06.15 at 10:26 PM

汚染水海洋放出居直りもコンピュータ監視法案成立も (通りがけ)
>>http://cpt-hide-cook.seesaa.net/article/209994182.html
>総務省のもっと上と言うことは、
>「官邸」からだ。
>いったい菅一派は何を考えているのだろうか?


官邸の真の支配者といえば地位協定で日本国民を全員奴隷にして支配する「トモダチ」の皮をかぶった小泉菅法匪霞ヶ関記者クラブマスゴミ検察のご主人様、戦争の狂犬病米軍事覇権政府しかいませんね。

占領米軍が日本の最上位になっているこの地位協定を破棄すれば日本国憲法が独立国憲法として正常に機能して、こんなんもあんなんも対米隷属スパイ政権が作った(戦後作ってきた)法律はぜ~んぶ違憲立法審査で破棄されますよ。

まずは東電と霞ヶ関保安院を逮捕投獄して空き缶スパイ内閣を共犯で逮捕解体することですね。そして新内閣で最初に『人類の恥」地位協定を破棄する。そうしないと日本の復興活動をいつまでも地位協定の最上位「戦争の狂犬」米軍事覇権に邪魔され続けますから。

Posted by: 通りがけ | 2011.06.16 at 10:00 AM

まあこれも原発メルトダウンという政府霞ヶ関による完全人災の刑事責任追及をネット言論上でやりにくくする目的と、空き缶アメポチ内閣の刑事責任がアメリカさまご本尊の地位協定に及ぶ前に,国民世論めくらましの陽動作戦で早期に参院通過させニュースにするよう米政府から指令が出た証拠ですな。

アメリカ軍事覇権政府もよっぽど日本国に地位協定破棄されるのが恐怖の極みでヤキがまわって恐慌状態に陥ってると見える。頭隠して尻隠さずの内政干渉丸出しですがw

アホですね、オバマ政権。原爆落として66年間占領し続けている他国がこれ以上いわれのない「思いやり予算」を払ってくれる道理がないでしょ。乞食じゃあるまいし人の懐をあてにしなさんな、合衆国が仮りにも独立国なんならね。

Posted by: 通りがけ | 2011.06.16 at 06:19 PM

バカの壁がまたやらかしたようだ。治外法権のご主人様もお手上げだろうねw

>この総理発言は即内閣不信任案可決相当だね。

▶「カンの顔を見たくないなら通せ」菅首相が挑発(産經見出し)

国会軽視ですなwいや無視か、憲法違反ねw
直ちに内閣不信任案が出せますよ。即採決でw

主権者国民の代弁者たる国会議員はやるべき仕事をサボると背任・業務上(議員歳費)横領で告発するよ~んw

Posted by: 通りがけ | 2011.06.16 at 08:51 PM

>民主・安住氏「首相の首絞める」発言⇒「君は軽い」と公明党の漆原良夫国対委員長激怒!
>>http://haru55.blogspot.com/2011/06/blog-post_17.html

安住某とやらどうせ度胸がないんだから、頸は絞めんでいいから内閣不信任案提出したらどうだねw
その場で取り押さえられる危険はゼロだし。
まあ今更不信任案だしても誰もあずみ某なんか褒めちゃくれないけどね。

地位協定緊急破棄動議を出したら褒めてやる。

採決のときに破棄に反対して地位協定を温存したいアメリカのスパイ議員が誰なのかがはっきり国民の目に見えるからね。

出したついでにその場で地位協定破棄可決すれば、それだけで菅の首も霞ヶ関アメポチスパイ泥棒官僚の首もいっぺんにまとめて、手で絞めるよりも不信任案可決よりも確実に100%絞まるしねw

Posted by: 通りがけ | 2011.06.17 at 01:29 PM

「地震や津波という天災では決して起こらない核分裂臨界放射能被曝という人災被害」

(>>http://c3plamo.slyip.com/blog/archives/2011/06/post_2102.html
大量の鼻血、下痢、倦怠感... こどもに体調異変 ~福島・郡山:Goodbye! よらしむべし、知らしむべからずさま)
(>>http://etc8.blog83.fc2.com/blog-entry-1047.html
大量の鼻血、下痢、倦怠感(東京新聞「こちら特報部」6月16日付)&微細高放射性物質の拡散:日々坦々さま)

これこそが東電と保安院(霞ヶ関原子力ムラ)の人災犯行の動かぬ証拠である。
彼らは今も救護活動を放棄して証拠隠滅をのみ図って暗躍しており、犯意犯情は凶悪無比であり冷酷非道なテロリストと何ら変わるところがない。
直ちに関係者全員逮捕し強制捜査に入るべきである。

Posted by: 通りがけ | 2011.06.17 at 09:45 PM

>東京電力に破防法適用を:誰も通らない裏道ブログさまから
>>http://fusenmei.cocolog-nifty.com/top/2011/06/post-86c5.html

この文章のうち『会社」を「米軍」と置き換えてみるとすっきりと理解できると思います。やってみましょう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
>なにしろこの「米軍」は現在進行形で日本を破滅に追い込んでいる。国民の命と安全よりも「米軍」の存続を優先し、そのためならばどんなウソをつくことを平気だ。
そもそもなぜ原発を推進したかといえば、ひたすらカネ儲けをするためである。
そのために立地予定の地元を分断しようが、被曝労働者を出そうが、原発周辺の環境を汚染しようが平気の平左で、放射性廃棄物の最終処分地が見つからなくても、そんなことは自分たちが死んだ後のことだから知ったことではない。
そして、破局事故を起こしてもなお、国民に向かって「停電するぞ」と脅しをかける。ヤクザだってこんなここまではやらない(というか、阪神大震災にしても東日本大震災にしても、ヤクザ関係の方々というのは実は非常に真っ当で地道な活動もしている)。<
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このアメポチスパイの致命的愚かさは自分たちは日本人なので地位協定の治外法権がないことを忘れたまま「米軍」と同じ無法行為を働いていることです。ぜんぶ犯罪ですね。日本人である以上国内の刑法によって断罪されることから逃れられません。日本国籍を捨てて亡命してもICPOの目が届く国では捕まってしまいますね。

人災の極致が戦争と原発メルトダウンです。日本は地位協定によってこの極致人災を二つとも国内に呼び込んでしまいました。
ひとつだけを解決することは不可能です。原爆(戦争)の臨界核分裂と原発原子炉の臨界核分裂は同じものであり戦後日本では導入のいきさつからして不可分だからです。これを解決しようと思えばなによりもまず日本で二つ共通の発生原因となった「地位協定」を直ちに破棄しなければなりません。解決が長びけばいつ日本全滅のカタストロフィーが起こっても不思議ではないからです。
そしてそれが起これば地球全体をまきこむでしょう。

日本復興のためいますぐただちに「世界人類の恥」地位協定を破棄しよう!

Posted by: 通りがけ | 2011.06.18 at 08:00 AM

今の被災日本に起こっていることのすべてがこの一枚の過去の写真に余すところなく写しだされている。

「目で見る日米地位協定」
池田香代子ブログさまから
>1965年沖縄 「少女轢殺」 報道写真家嬉野京子の証言 
>>http://blog.livedoor.jp/ikedakayoko/archives/51424388.html

Posted by: 通りがけ | 2011.06.18 at 01:58 PM

「ヒバクシャを生み続ける地位協定」

いかりや爆氏の毒独日記ブログさまへのコメント
>>http://blog.goo.ne.jp/ikariyax/e/eefa997f448cfd1ab587659ab7960aea?fm=rss

1.IMFが口を出すのも地位協定を通じてである。 (通りがけ)
2011-06-19 00:54:57
日本が地位協定という奴隷契約を温存する限りアメリカの軍事力を後ろ盾にした国際機関が日本に対して露骨な内政干渉を仕掛けることを躊躇うことは決してない。

2.以前ここ(毒独日記)で指摘されたとおりのアメリカの本質 (通りがけ)
2011-06-19 02:55:30
明治維新は中国大陸侵略をもくろむ米国がフィリピン経由で送り込んだペリーの黒船が、欧州勢に後れを取った中国侵略の橋頭堡として日本列島を侵略する意図の下に浦賀に現れ不平等条約を強要したことから、国士たちが日本の独立を守ろうとして起こったのである。アメリカの軍事覇権主義は江戸末期から一貫して現代まで続いている。

江戸末期には吉田松陰高杉晋作師弟と勝海舟坂本竜馬師弟の献身でアメリカ含む諸外国からの侵略は防がれた。
が、勝海舟がこきおろした明治政府の維新政治は第二次世界大戦でアメリカに敗れて破綻した。
アメリカは中国大陸侵略は果たせなかったが、その喉元に位置する日本列島に軍隊を永続的に駐留させる基地を手に入れたのである。
以来ずっとアメリカは清帝国以来の標的である中国侵略の機会を窺い続けている。

地球上に国がある限り国際間には常に紛争が生じる。政治の本質は国際紛争の解決である。
そこには戦争か平和かの二者択一しかない。
アメリカは建国以来常に戦争で解決する国である。

わが日本はペリー来襲までは中国大陸朝鮮半島樺太と良好な平和通商を保っていた。和を以って貴しとなす、を国際間で実践していたといえよう。しかし幕末に欧州諸国に清帝国が侵略され植民地化されるに至って、元寇以来の防備の必要性が国士たちによって認識され、幕府がアメリカと結んだ不平等条約を非とする倒幕運動が起こったのである。このとき幕府はアメリカにはたった四杯の黒船に腰砕けて奴隷条約を結んだくせに、国士たちには安政の大獄という弾圧で臨んだために内戦となった。以下省略。

さて第二次大戦太平洋戦争で軍事覇権国アメリカに敗れた日本は、国際紛争を解決するために軍事力を使用することを放棄する憲法を定めた。日本においては聖徳太子(実は大王もしくは天皇)が定めた十七条「和を以って貴しとなす。万機公論に決すべし。」の平和憲法以来である。国際紛争を解決する二者択一(戦争か平和か)のうち平和を政治の根本に据えることを選択した。

戦争だけが政治であるアメリカにとっては、せっかく中国軍事侵略の前線基地として占領したのに、平和憲法を宣言されては植民地日本から兵士を調達できないことになってしまった。

そこで日米安保条約なるものをひねり出し「地位協定」という不平等奴隷契約条項を滑り込ませて自衛隊を組織させ、日本列島をみずからの軍事侵略外交の兵站補給基地としたのである。

そして戦後ただちに日本政界や教育界、産業界、特に官僚界へ米本土で教育した日本人スパイを送り込みはじめた。66年目の現在、特に小泉竹中自公「劇場詐欺」政権成立以後スパイ化が白昼堂々と行われるようになり、霞ヶ関はいまや全員がこのアメリカ軍事覇権政府のスパイである。

アメリカが一番恐れているのが日本国国会による地位協定破棄決議であることがこの歴史から明らかである。

戦後ただひとり田中角栄が地位協定破棄できる実力と意思を示した、アメリカにとって最強の敵性日本人であった。ゆえにスパイを使ってなりふりかまわぬ失脚陰謀を仕掛けたのである。終戦直後と違って佐藤内閣が非核三原則を世界に打ち出したため、佐藤内閣の後継者首相を暗殺すればアメリカの仕業であることが隠し切れないと見たためであろう。以下略。


こんなていたらくな日本にしたのは、「地位協定」である。
国会はただちに地位協定を破棄せよ。安保条約は破棄しないでいいから。

(昔盛んだった安保粉砕は時代遅れだしあまりにも政治を知らな過ぎた愚かな偽革命テロ暴発であった)

Posted by: 通りがけ | 2011.06.19 at 04:34 AM

「アメリカは地位協定を破棄させないために各部署に配置したスパイをすべて使って日本に政局を演出している」

菅総理はひとり官邸にこもってオバマの直接指示を受けている。驚異の粘り腰?とんでもない。仮免許すなわち無免許の空き缶にそんな知恵などあるわけがない。すべて日本人を虫けら同然に見下しているアメリカ軍産複合体政府の入れ知恵指示通り忠実に、ただしへたくそきわまりない猿芝居を続けているだけである。辞任時期の無期延期も8月6日脱原発解散も、すべてアメリカの入れ知恵である。

地位協定破棄国会決議絶対阻止を至上命題とするミッションのもと、アメリカの指令は霞ヶ関スパイ組織にも下されている。また小泉竹中自公一派にも、マスゴミおよび白痴化洗脳テレビ界にもそれぞれ指令が下されている。

ただし、各スパイの間でも既得権益利権獲得競争があるのでそれを利用してアメリカは離間の計をも併用している。もっともアメリカも混乱しておりいろんなスパイがいろんな失敗をしたりそれを互いにやいやい言ってくるのをコントロールし切れていないのも確かであるが。

しかし結果的に政局だけに報道の焦点を集めることで地位協定の存在の意味を日本人に忘れさせる効果が一時的にせよ得られればアメリカとしては結果オーライなのである。そうこうして時間が過ぎて気づいたときには日本全体が回復不能にまで核汚染されて世界から国ごと棄民されてしまえば、アメリカのとった措置に対して非難するヒバクシャの数がぐっと少なくできるから、戦争の狂犬は日本以外の次の獲物にかみつけばよいのである。

Posted by: 通りがけ | 2011.06.19 at 09:48 PM

空き缶無免許内閣が犯す国民の財産権と投票権をアメポチ官憲暴力で奪う強盗犯行は宮崎県口蹄疫危機から始まっており、すべて時効はまだである。すぐに逮捕せよ。
次に今回の政府の震災対応強盗殺人犯罪被害の数々を示す。

「震災後の情勢の大転換 戦後支配の権威が崩壊:長周新聞: (6月15日)」
>>http://www.h5.dion.ne.jp/~chosyu/sinsaigonojouseinodaitenkan.html
(見出し抜粋)
・活発に発言始める知識人 若い世代も変化
・力発揮する共同体 東北の漁村も 復興阻む競争原理
・津波対応ない米国技術 福島では住民追出し
・大災害で市場略奪 米国のショックドクトリン手法 元祖は原発
・軍事再編の動きも拍車 国を潰す日米同盟
・生産担う人民に力 戦争と同格の極限状況 全国的大結集を

これらはすべて空き缶と小泉竹中自公劇場型詐欺師政権霞ヶ関法匪スパイ官僚組織記者クラブが地位協定最上位アメリカの指示(内政干渉)のもとGHQ検察と共謀して共同正犯で行った強盗殺人犯行の結果被害を示している。
国会も政策を強盗内閣に丸投げして犯行を続けさせており明らかに共同正犯である。
直ちに地位協定を破棄して対米独立し、日本国憲法に従って治外法権のないまま憲法犯罪強盗殺人犯罪を重ねてきたアメポチ小泉竹中売国詐欺師集団とその手下の無免許菅内閣、霞ヶ関最高裁最高検を全員投獄解体すべし。

Posted by: 通りがけ | 2011.06.20 at 08:34 AM

「トモダチ」に地位の上下の差はなく両者が対等であってこそ「トモダチ」である。

上下の差別を規定する地位協定は「トモダチ」二者の間にあってはならないものである。

安保条約は「トモダチ」の証としてそのままでよいから「トモダチ」を「トモダチ」でない主従関係に変質させ友情を踏みにじる「地位協定」を直ちに破棄しよう。

しかしふつうは親しき仲にも礼儀あり、「トモダチ」ならアメリカのほうから破棄を申し出してくるのが礼儀の当然だと思うがね。

Posted by: 通りがけ | 2011.06.20 at 03:39 PM

「建国以来アメリカはトモダチを作れない狂犬である」

戦後国会政治はGHQの日本国内離間の計のもとにスタートした。終戦直後には憲兵を除いて日本国には官僚にも政治家にも在野にも国士が満ち満ちていた。官僚の鑑といわれる闇米を断食餓死した検事や渋沢敬三、宮本常一、GHQに三鷹事件で謀殺された下山国鉄総裁など枚挙に暇がない。
しかし戦後真っ先にGHQの配下にすりよった検察の破壊工作が徐々に功を奏してゆき、国内離間の計のもと作られた二大政党制による植民地統治化が進んで、小泉詐欺師が首相になったとたん国会破壊工作が急激に進展しいまや霞ヶ関も国会もほとんどがアメリカのスパイ状態となった。現在国会議員や政治家で小泉チルドレンとやらは全員アメポチスパイ小泉詐欺師の直系アメポチスパイである。

民主党で小泉直系は菅前原仙谷岡田枝野野田安住・・・あほといわれているものたちはすべてスパイであり、犬スパイどもの飼い主「戦争の狂犬アメリカ」の国益のために日本に地位協定を温存することだけを目的として政権にしがみつき、国会の決議機能を停止させつづけているのである。

こんな民主党にしたのはアメリカであり地位協定である。

江戸末期以来のアメリカの目標は中国侵略支配である。そのために日本列島本土を占領後核の貯蔵庫化した。放射能の恐ろしさを知っている米軍は基地のほとんどを置く沖縄には原発を作らせず温存してきた。
原発事故が起こって日本本土が全滅しても米軍は無傷で生き残るためである。

ここまでアメリカの野望中国侵略は不成功に終わってきた。しかし今度の原発事故で日本列島全体が核汚染され立ち入り禁止地域になれば、それを利用して日本列島という国が滅んだ地域を世界の核最終廃棄場にしようと中国に持ちかけるつもりであろう。硬軟使い分けて中国侵略支配野望を目的達成する。これが戦争の狂犬アメリカの単細胞戦争政治による世界支配戦略なのである。

地位協定を即時破棄して政治(戦争か平和か)のうち戦争しか知らぬ単細胞の「戦争の狂犬アメリカ軍」を日本の国土から追い払おう。

さて沖縄基地温存本土核最終廃棄場化がアメリカの計画通り成功すれば、つねに飢えている狂犬の底なしの食欲を満たす「思いやり予算」が得られなくなってしまう。日本に代わる新たな兵站補給植民地を獲得しなければならない。それが石油埋蔵量豊富なリビアでありすでに米軍植民地統治確立に向けた戦争の狂犬アメリカ軍の軍事侵攻が始まっている。

この現実から見て、すでに安全な代替植民地入手のあてがある米軍が、地位協定のもと虫けら奴隷化日本人に世話を押し付けた核牧場日本列島の核汚染危機を、煽りこそすれみずから被曝の危険を冒して助けようなどとは一瞬たりとも考えていないことは明らかである。地位協定を温存しようさせようとする勢力はこの世界の戦争の狂犬の真意を知っていて黙って日本列島本土四島すべて核汚染滅亡するのを待っているのである。

日本人はただちに地位協定を破棄してアメリカの地球覇権支配の野望を挫き、「戦争の狂犬アメリカ軍」を日本の国土から追い払い、独立日本人の手で世界平和を地上に築きあげよう。

Posted by: 通りがけ | 2011.06.20 at 10:56 PM

「犯罪者には罷免ではなく逮捕を」
菅内閣(政府)・霞ヶ関保安院(官庁)・東電(天下り企業)の政官業癒着談合闇カルテルの共同不法行為未必の故意傷害殺人犯行が確定しました。
>>http://c3plamo.slyip.com/blog/archives/2011/06/post_2095.html#more

重過失罪、未必の故意放射能無差別テロ実行既遂罪、証拠隠滅犯人隠秘罪。

裁判員なら無期懲役以上の重罰を言い渡すだろう。
さる原子力学者が保安院の罪は懲役数万年に相当するといったとか言わないとか。

Posted by: 通りがけ | 2011.06.22 at 11:59 AM

「キョンシー菅を手操る泥棒官僚どもの本当の親玉は日本人じゃない。」

住民至上主義ブログさまへコメントしました。
>>http://blog.livedoor.jp/jijihoutake/archives/52010504.html

>公務員は国民に対する官僚の傭兵である。官僚は国民の生き血を吸う盗賊集団である。そして、ほとんどの政治家は官僚のポチでしかない。この国の社会的地位とか権力は官僚が操るまやかしの産物である。 <

これは正しくありません。正しくは「敗戦後占領軍が作った植民地統治政府の公務員」とするべきです。
占領軍は「地位協定」という日本国内で日本国憲法の基に作られたすべての法律を守らないでよいという治外法権を手にしています。その占領軍が作った戦後政治体制で、日本国民の生き血を吸っている盗賊集団の親玉は手下の日本人公務員ではなくアメリカ人死の商人そのものなのです。泥棒アメリカの手先となった日本人公務員は莫大な親の総取りからすずめの涙ほどのご褒美をもらって一般国民よりいい生活をして主権者国民を見下しているのです。
「官僚」も所詮下っ端手下のチンピラこそ泥であり、官僚を使って泥棒させている地位協定最上位のアメリカ死の商人こそが、「この国の社会的地位とか権力」を安保条約を目くらましに使って操っているのです。

日本人は直ちに地位協定を破棄しよう。安保条約はそのままでね。これが対米完全独立を無血達成する唯一の方策です。
脱原発は脱「核の傘」なのです。

Posted by: 通りがけ | 2011.06.22 at 11:37 PM

「扶桑の国日本に生まれ暮らしてきた日本人のチカラ 」


日本を核最終廃棄場にするという考えにはアメリカだけでなく原発を持っている国はすべての国が賛成するでしょう。アメリカの核の傘の下に入ってから66年、世界の国から見て日本はアメリカの植民地そのものです。

ロシアや中国が日本との領土問題で日本に対して譲ることがないのも、日本列島にアメリカ軍が大軍で駐留しつづけているからです。いつ戦争の狂犬が謀略を仕掛けて核兵器を持って日本の基地から自国(中国本土、ロシア本土)へ乗り込んでくるかわかりませんからね。原潜も大量に配置されていますし、原子力空母も日本を補給基地にして何隻も派遣できます。原子炉を冷却した放射能汚染水を常時公海に垂れ流し続けながら。

日本列島が核最終廃棄場になれば米軍は沖縄の基地だけになり当然兵力も削減されます。中国とロシアにとっては米軍が直ちに攻め込んでくる危険が縮小されたように感じられるので日本列島核最終廃棄場化に反対する理由は国益上ありえないことになるのです。

ヨーロッパの原発保有国にとっても遠い極東の島国が最終処分場になれば自国の被曝汚染が避けられるのでこれも喜んで賛成するでしょう。
日本の戦後核の傘の下外交はこのたびの孤立化によって完全な失敗外交であったと証明されたということに尽きます。

日本が独力でこの窮地から脱出するためにはまず対米独立して米軍の核の傘の下から脱出し、独自の方針で歴史上常に世界一の技術力と知恵でもって安全な独自の核最終処理技術を独創確立する道しかないでしょう。

そして日本人の世界一の融通無碍な叡智と技術力があれば、この未曾有の難局を独力で解決するという困難なミッションインポシブルの解決成功も必ず達成できます。

それが扶桑の国時代から常に歴史上世界に冠たる日本人のチカラなのです。

Posted by: 通りがけ | 2011.06.23 at 02:51 AM


「原発は必ず事故を起こす不完全技術」

すべての原発は必ず事故を起こします。浜岡を止めたが他は稼働再開させるというのは欺瞞であり脱原発論者の歓心を買うための「嘘」です。

地震列島扶桑の国の人々は地上最大の天災である地震と洪水とに常にさらされ続けながら人々の叡智を結集して(三人寄れば文殊の智慧)皆で力を合わせて(和をもって貴しとなす)自然の偉大な力と共存しながら生きてゆく類なき民衆社会を築き上げ営々と親から子へ言い聞かせながら(嘘つきは泥棒の始まり)常に同時代の世界最高の美徳を具えて和の国(菩薩の利他行を尊ぶ国)に生きる人々として脈々と現在に至っているのです。

嘘も方便という純粋な利他目的の菩薩行であれば許されますが、みんなのためにならない私利私益確保するためにつく利己の嘘は日本人なら決してついてはいけません。

日本では扶桑の国の昔から言い伝えられる躾の基本(おじいちゃんやおばあちゃんが口癖のように教えてくれる)「嘘つきは泥棒の始まりだから嘘をつかず正直に生きてゆきなさい」があり、これこそが日本人を世界史の歴史上常に同時代の世界中の国から尊敬される美徳の人々たらしめつづけてきた理由なのですから。

菅総理、日本人なら正直が一番です。見え透いた浜岡だけ停止など世界平和を求める和の国の美徳を生きる尊敬すべきひとびとにとっては唾棄すべき悪徳、泥棒の利己目的の「嘘」に過ぎません。

世界中すべての原発原子炉はいったん稼働運転を始めたが最後、経年変化で必ず「事故」を起こすのだから。

Posted by: 通りがけ | 2011.06.23 at 02:23 PM

「菅総理は放射能テロ実行犯としてヒバクシャから告発され逮捕解任されるでしょう」

東電保安院ともども事故犯行以来証拠隠滅行為ばかりが過ぎるので即逮捕首相解任ね。厚労省文科省も事後従犯で逮捕です。
残念でした、逃げられないよ証拠だらけだから。あとはめいめい留置場の中でバリバリの人質司法に対して言い訳を考えよ。総理だけはVIPだから身柄拘束中も弁護士を24時間ボディガードとしてつねに同伴してもらえばよい。取り調べ状況は記者クラブマスゴミがリーク報道してくれるから安全だしね。

ヒバクシャが福島警察へ告発すれば福島原発近くの所轄警察署で身柄拘束取り調べが行われるんじゃないかな。山下教授によれば笑っていれば被曝はぜんぜん大丈夫だそうだから、菅総理逮捕されても今のご機嫌な満面の笑い顔を留置場で続けてください。

参考1:福島の子供たちを実験台にしている本当の悪たち
>>http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-611.html

参考2:元検事が日本の検察の「無法状態」を内部告発!
>>http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/ae2810d4d4e8d46f296dd81756ebe793

ここ日本では世界一悪徳恥知らず地位協定人質司法コンビがWでバリバリ健在だからそのつもりで。

Posted by: 通りがけ | 2011.06.23 at 07:48 PM

「地球平和を希求する日本国民の自裁自決=賢者の道」

日本が真に独立した国民主権国になるためには、地位協定破棄が絶対に必要である。

世界平和を達成するためには、愚かな戦争の狂犬に決して餌をやってはならないのは、太陽よりも明らかな地球自明の理である。

Posted by: 通りがけ | 2011.06.24 at 09:14 AM

「暴走する日本の三流政治システムを強制終了 」
(>>http://blog.goo.ne.jp/veritas21/e/ff5f34d928490811b0e08a6589ef10ed
沖縄が本土を救ってから66年。本土の未だに琉球処分のままの感覚で良いのか?)


できの悪いコンピューターシステムがハングアップした時は誰もが電源を抜いて強制終了する。

戦後日本は経済一流政治三流で世界中に知られていた植民地政府。55年体制しかり泥棒官僚天国しかり。

アメポチウイルス小泉以来ファシズム暴走が始まり素っ空菅に至って完全にハングアップした三流政治システムはもはや政府の態をなして居らず、強制終了するしかない。

戦後日本政府の電源は「日米地位協定」である。これを破棄して引っこ抜いてやれば、菅政府を強制終了し、独立国家として再起動ができる。

人間ならば人類の恥地位協定を直ちに破棄しよう!

>日本全体を『琉球共和国』にしてしまうとか。。。
その場合にもまずは「地位協定破棄」が前提だすな。

Posted by: 通りがけ | 2011.06.25 at 09:08 AM

「不道徳公害有毒廃棄物垂れ流し工場霞ヶ関に巣食う馬鹿駄大学バカの壁ども 」

>>テレビ朝日報道ステーション「原発問題」に関する養老先生の主張に関連して
>>http://blog.goo.ne.jp/ikariyax/e/61b673fe4085d64f394d70ebeeb292f0
>このままでは大学の原子力工学科に進む者がなくなり、日本の原子力科学が衰退する。

これは「官僚の給料を安くしたり天下りを禁じたりすると生涯収入が減って官僚になって出世しようという優秀な人材が枯渇する」という噴飯ものの「天下り必要悪論」とおなじである。

人事院の主張であるがこれこそ東大閥のバカの壁を如実に証明している。

そんなにカネ(生涯収入)がほしいのなら官僚など辞めて実社会で起業して社長になって自分の腕と頭と度胸で商売すればよいのである。稼がない公務員に賞与など不要の極致であるぞ。カネをほしがる公務員なんぞ社会に不要な不道徳な公害毒である。

平安時代の藤原一族荘園掠奪政治じゃあるまいし働きもしないで他人を貶める陰謀で自分だけ出世するような不正直不道徳極まる泥棒官僚社会が霞ヶ関にあることが世の中で最低の破廉恥な不祥事いやいや汚職談合という刑事犯罪そのものだということがバカ東大の破廉恥な偏差値バカの壁にはわからないのである。

原子力学者が出なくなる?バカ東大の原子力学者のバカさ加減はもう世界中が知っている。知らぬはバカの壁ばかりなり。

湯川博士も朝永博士もみんな東大じゃないのは偶然ではなく必然なのだ。お受験偏差値以外数字が読めないバカの壁にはわからんだろうから噛んで含めるようにおしえてやるが、これすなわち東大など世界的に要らんということだ。

不道徳な犯罪組織馬鹿の壁霞ヶ関を強制終了させるために、霞ヶ関の親玉世界最凶悪徳米軍の電源「地位協定」をただちに破棄しよう。
平和憲法と安保条約はそのまま維持でね。戦争の狂犬米軍をつけあがらせないように厳しく躾けてやるべし。

Posted by: 通りがけ | 2011.06.26 at 08:27 AM

司法のあるべき正しい姿について、二題。

1.そろそろ指定検察官弁護士を重大な職務放棄で逮捕すべきだな。

1月31日に起訴状提出したのにまだ開廷されない。
争点は明らかであり公判前整理など全く必要ないので即日開廷できるはずだが、指定弁護士は憲法違反の重大な職務違反である。検察官は起訴すれば必ず直ちに審理開始を請求しなければならない憲法上の責務を負うているのである。
裁判官も同罪である。これを法律用語で共謀共同正犯と呼ぶのである。

参考:>>http://moriyama-law.cocolog-nifty.com/machiben/2010/12/post-ec20.html
指定弁護士への激励  宮崎学の子分編
通りがけ | 2011.06.27(月) 10:45 | URL | 【編集】


2.ヒットラートルーマンを超える極悪人政治大罪

「原子力機構が大気への放射性物質放射量がチェルノブイリの約1/100以下だと認めた」
>>http://risingsun-kiri.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/post-d9fa.html
さまへ以下のコメントした。(加筆あり)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
土木技術世界一の日本の独自技術で石棺化をおこなえば原発周辺地域フクシマの復興はヒロシマナガサキ同様に短期間で可能である。

フクシマを核最終廃棄場にするなどもっての外の火事場泥棒行為である。ヒットラートルーマン以上の大犯罪を犯すことになる。菅政府がこの泥棒を行えば政府全員を犯罪組織構成員として投獄断罪処罰する必要がある。留置所刑務所が足りなくなるからふくいちのそばに鉄条網で三重に囲んだ仮設の収容所を作ってそこに入れればよかろう。

しかしヒロシマナガサキの臨界核分裂放射能残留物大気汚染は一瞬であったのに比べてフクシマはいまだに臨界が続いており大気中への臨界核分裂生成物放出が止まらない。原爆がずっと爆発し続けているようなものである。石棺化が完成するまでは住民が周辺から避難疎開するのが当然である。

その間の疎開住民への生活補償財産補償は当然東電と保安院の全個人資産で全額まかなう。経営陣官僚が刑事告発されるべき重大事故であるから会社整理省庁整理も辞さない強制補償である。

電気料金値上げや復興名目増税など絶対に許されない国家に対する犯罪である。

ただし海外援助にあたる思いやり予算は全額復興予算に付け替えて補償金としてこちらへつぎ込んでよい。地震直後から官邸に常駐する米軍の原子力専門家のアドバイスがなんの役にも立っていないことは明白なので、思いやり予算を米軍に対して支払う義理などとうに消滅した。

国は直ちに震災の被災者に対して全員に被災者証、福一のヒバクシャにたいして全員に被曝者手帳を配れ。両方配られる人もたくさんおられるだろうが事実に即して本人の戸籍確認をしながら迅速に確実に両証明書を遅滞なく発行し終えること。被災者ヒバクシャに対するすべての公的援助はこの証明書に対して行え。役人の中抜きは許されない犯罪であるから心して発行配布せよ。

石棺化の実際についてはこちらを参照
>>http://c3plamo.slyip.com/blog/archives/2011/06/post_2120.html

Posted by: 通りがけ | 2011.06.27 at 07:00 PM

「戦争の狂犬米軍へ礼儀を教える厳しい躾が地位協定破棄という賢い日本のトモダチからの愛の鞭」

地位協定破棄安保条約温存は親米反戦平和憲法国民主権国家日本独立である。

長周新聞もまだ「即時地位協定破棄」の効能に気づいていないが、早晩気づくであろう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
>>http://www.h5.dion.ne.jp/~chosyu/86hirosimaniheiwaseiryokudaikeltusyuhe.html
8・6広島に平和勢力大結集へ
原水爆禁止全国実行委
             基盤広がる震災後の新情勢    2011年6月20日付

 原水爆禁止全国実行委員会は18日、下関市で今年2回目の全国会議を開き、原爆と戦争展や劇団はぐるま座の『峠三吉・原爆展物語』公演のとりくみなど、4月の第1回全国会議以後のとりくみを交流・総括し、8・6広島集会を中心にした今年の原水爆禁止運動を飛躍させる課題を討議した。
 初めに川村事務局長が提案をおこなった。川村氏は東日本大震災の復興と福島原発事故を巡って、戦後日本社会の対米従属の構造があらわとなっていることを指摘。日本政府が震災をもうけのチャンスとする米日の大資本の参入に道を開こうとしていること、また即座に米軍が2万人の兵員を派遣、首相官邸に入り込み、自衛隊を指揮下に置いて演習をおこなうなど、実質的な有事体制をとっていることを明らかにした。
 一方で大衆のたたかう機運が力強く発展していることを強調。震災後の情勢が激変するなかで8・6集会を頂点とする広島行動に向けて運動を飛躍させることを提起した。

(以下小見出しのみ転載)

 ・根本変革の世論が高揚 広島・沖縄・福島等

 ・重要さ増す束ねる役割 運動の大飛躍へ

(転載終わり)

Posted by: 通りがけ | 2011.06.28 at 08:44 AM

「国難日本に必要なのは有徳の賢人による統治であり核利権汚染政府の除染が第一である」

いかりや爆氏の毒独日記ブログ様へのコメント二題
>>http://blog.goo.ne.jp/ikariyax/e/08d160f97457ad4ca8ab627ef7778b04
>この国難から立ち上がれ!大震災復興と原発事故、先立つものは金(財源)である

1.植草氏を日銀総裁にすれば適材適所である。 (通りがけ)
2011-06-27 06:09:46
私はリーダーは対米独立するひとすなわち地位協定を破棄する人であればだれでもいいが、それよりも日銀総裁に植草氏を据えるべきだと思う。

なぜなら東大は世界一の馬鹿駄大学だから。東大卒は必ず卒後5年間は官庁に採用を禁ずる厳重就職規制をしなければならんね。

2.リーダーは「嘘つきの泥棒」には務まらない (通りがけ)
2011-06-28 09:46:55
>今後の復興作業は経済音痴の菅首相では、はっきり言って無理である。

菅は経済音痴ではなく人間として最低の「嘘つき泥棒」だからリーダーにしておいてはダメなのである。
小泉もオウム麻原グルも同じ穴のムジナ悪知恵にだけ長けた盗賊団頭領だったし。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
負けるな、東北!怠けるな、日本政府!

Posted by: 通りがけ | 2011.06.28 at 12:34 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32945/51943063

Listed below are links to weblogs that reference 参議院法務委員会の参考人意見陳述:

« コンピュータ監視法案が審議入りし成立の可能性が高まっている | Main | コンピュータ監視法が成立した後の動き »