« 小沢一郎氏に対する無罪判決を受けて何がなされるべきなのか | Main | 検察庁に自浄能力がないことを明らかにした虚偽報告書作成問題 »

2012.05.29

名張事件第七次再審請求の異議差戻審不当決定に対して私たちは何をなすべきなのか

 1961年3月28日に発生したいわゆる名張毒ぶどう酒事件について、奥西勝死刑囚による第7次再審請求について、2005年4月5日、名古屋高裁(第1刑事部、小出錞一裁判長)は再審開始を決定したが、検察官が異議を申し立て、2006年12月26日に、名古屋高裁(第2刑事部、門野博裁判長)が再審開始決定を取り消す決定を下した。これに対し、弁護人が、2007年1月4日、最高裁に特別抗告したところ、最高裁第三小法廷は、2010年4月5日付決定で、犯行に用いられた毒物に関し「科学的知見に基づき検討したとはいえず、推論過程に誤りがある疑いがある。事実解明されていない」と指摘し、再審開始決定を取り消した名古屋高裁決定を審理不尽として破棄し、名古屋高裁に差し戻した。その後、名古屋高裁で毒物に関する検察官と弁護人双方の鑑定が実施され、その結果が注目されていた。

 2012年5月25日、名古屋高裁(第2刑事部、下山保男裁判長)は、「毒物は(元被告が自白した)ニッカリンTではない」とした弁護団の新証拠に証拠価値はない。元被告の自白は、供述経過や関係証拠から、十分信用できる。元被告を犯人とした確定判決の事実認定に合理的な疑いを生じる余地はない。」として、検察側の異議申立てを認めて、再び、再審開始の取り消しを決定した。

 この決定に対し、弁護人は最高裁に対して、同月30日に特別抗告を申し立てたが、「本決定は、最高裁判所が求めた科学的知見に基づく検討を放棄し、『疑わしきは被告人の利益に』の原則に反し弁護人に無罪の立証責任を転嫁するものである。」(日弁連会長声明)などと厳しく批判されているところである。

 今回の決定については、多くの国民からも批判的な声が多く出されており、改めて、司法の独善性や非人権性が浮き彫りになったと言える。

 そもそも、再審制度は、不利益再審が禁止されて、無辜の救済のための制度として純化されているにもかかわらず、刑事訴訟法の規定が不十分であり、確定判決の無謬性という厚い壁に阻まれてきた。

 いわゆる白鳥事件における最高裁決定は、「再審制度においても『疑わしいときは被告人の利益に』という刑事裁判の鉄則が適用される」という判断を示し、以後、裁判時の証拠・証言に対してある程度の合理的疑いが存在する場合も再審の対象とすることを可能としたことで、多くの事件において救済の門戸を広げる結果となった。

 ところが、今回の決定は、まさにそれに逆行するものであり、再審請求人側に重い立証責任を課すもので、冤罪による被害をこれ以上出してはならないという国民世論とはかけ離れた判断であった。北海道新聞の社説も、「白鳥決定の精神どこへ」と題して「今回の棄却決定は、その基準をないがしろにするものだ」と批判している(北海道新聞2012年5月26日付)

 そもそも、現在の再審法制は、再審請求決定に対して検察官の異議申立権を認めることで、再審請求審の段階で、ほとんど再審無罪に近い段階の心証が得られない限り、再審開始決定が確定しないことになっており、その後に行われる再審公判は形骸化して、再審開始決定を追認するような審理となっている。

 無辜の救済を本旨とする再審制度としては、この2段階に分かれた最初の再審請求審の比重を軽くして、検察官の異議申立権を廃止し、再審開始決定が確定しやすい構造とすべきであり、検察官としては、その後の再審公判において有罪性を実質的に争えるように変革すべきである。そして、刑事裁判の第1審裁判に取り入れられている裁判員制度を、この再審請求審に取り入れることも検討の余地がある。

 いずれにしても、再審開始決定の確定を得るためのハードルがあまりにも重すぎる現在の構造は根本的に改めるべきである(過去にも、日産サニー事件のように、一旦出た再審開始決定が取り消されて再審が認められなかった事件がある)

 今回の決定については、多くの国民からも批判的な声が多く出されており、改めて、司法の独善性や非人権性が浮き彫りになった。このような裁判所の姿勢や在り方については、この機会に根本的に改めるべきである。

 そのためには、市民の代表からなる「裁判所の在り方検討会議」を設置して、徹底的な議論がなされるべきである。

 小沢事件をめぐって垣間見えた検察の問題も根深いが、それ以上に、裁判所の問題にこそ、私たちは目を向ける必要がある。そして、この機会に、裁判所の在り方を根本的に見直し、市民のための裁判所に変えなければ、これまで続いた冤罪の悲劇がなくなることはないのである。最大の人権侵害である冤罪を撲滅するために、今回の名張事件に関する決定を最後にする決意で、私たちは裁判所を批判する必要がある。

【Today's Back Music】
 DIMENSION/24(ZACL-9051)
  フュージョンバンドであるDIMENSIONの24枚目のアルバム。今年には25枚目のアルバムも発売されるだろうが、少し前にライブに行って以来よく聴いている。いい作品だ。

|
|

« 小沢一郎氏に対する無罪判決を受けて何がなされるべきなのか | Main | 検察庁に自浄能力がないことを明らかにした虚偽報告書作成問題 »

刑事司法」カテゴリの記事

Comments

「医療崩壊」がまさにこの扶桑の島豊葦原瑞穂の国を滅ぼすのです。

「原発のゆくえ」(腐れオヤジの独り言さま)へのコメント
>>http://sacredplaces.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/post-643d.html

政府の言う「安全」は厚労省が311の直後に年1ミリシーベルト以下から年200ミリシーベルト以下へ引き上げた放射能「外部」被曝総量許容基準限度内なら「安全」という意味である。つまり現在外部被曝線量の合計が年200ミリシーベルト以下であれば厚労省がデータに基づいて計算して安全だと結論したのだから「安全」というのが政府の公式決定である。

外部被曝と内部被曝の区別もできていないこともさりながら、そのデータを処理する厚労省官僚の小学校算数レベル基礎的計算能力ときたら目を覆うほどひどいものである(※脚注参照)。

この厚労省官僚が計算した厚労省のデータはすべて世界中から犯罪的に間違えたデータとして棄却されることになる。

そしてその低能厚労省官僚が捏造したデータを元に間違った放射能「安全」を宣言した日本野田政府は、結果的に放射能を全世界に拡散する世界テロ政策を選んだことになり、全世界から宣戦布告されることを覚悟しなければならない。

世界平和を作る気高い志を抱く日本人は直ちに低能に輪をかけた低能野田政府を、国際無差別放射能テロリストとして逮捕投獄し全原発を緊急廃炉し福一を緊急に石棺桶化しなければならない。


※参照
新小児科医のつぶやき
2012-06-02 厚労省の予防接種統計の一部に誤りがあります
>>http://d.hatena.ne.jp/Yosyan/20120602


「海外派遣自衛隊は直ちに全軍一発の銃弾も撃たず全武器を捨ててロシア軍に頼んで日本へ帰国せよ。」

関東で6月1日地震があったようですが、私が今最も危惧しているのはユダ金の次なる攻撃です。
私がユダ金ならエコノミックヒットマン政府と在日米軍治外法権ジャッカルを二つとも配置済みとはいえ地震兵器やHAARPが世間に知られてきた日本国内への攻撃ではなく、日本人の目がいま全然向いていない南スーダンやシリアの自衛隊に攻撃をかけて否応なく日本を戦争犯罪国家に仕立て上げるという戦術をとるでしょう。
それがいちばん危惧されます。そうなったとき日本が一番頼れるのはロシアです。なんとかそうなる前にロシア軍が海外の自衛隊をそれとなくユダ金から守ってくれないか。神頼み、プーチンさん頼みの心境です。

「地位協定 破棄と福一 石棺桶化 字余り」

Posted by: 通りがけ | 2012.06.03 at 12:41 AM

【予測される危険】

「キリスト教の選民意識・異端者迫害~神に選ばれる羊と神に疎まれる山羊~」ふじふじのフィルターさま
>>http://fujifujinovember.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/post-84d9.html
>>西洋人を裏支配している者のモノ・カネに対する支配欲に凄まじいものを感じます。すべて、この支配欲で古代から動いているという感じがするのですね。<<

その通りだと思います。そして彼らが使う手法はつねにただひとつ「ショックドクトリン」です。
新約旧約とも全編神の奇蹟と神へ捧げる血の生け贄(イエスも生け贄の仔羊でした)の「ショックドクトリン」でひとびとにヤーウェとの契約を迫る書物ですね。メフィストフェレスがファウストに迫った魂売買契約と同じものです。人間のすべての煩悩(イエスより5世紀も昔に仏弟子観自在菩薩が釈尊に促されて説いた「色」)にショックドクトリンをかけて奪い尽くすのです。

いまユダ金はそのすさまじい支配欲で沖縄を完全に我が物とするために日本に対して黒船艦長ペリー以来「ショックドクトリン攻撃」をかけ続けてきていて、戦後は地位協定を利用して時間をかけて養成してきたエコノミックヒットマンスパイ政府が原発再稼働やTPP受け入れや消費税増税を日本人殲滅略奪達成の武器として用いて日本内政を壊滅させようとしています。スパイを使った政治謀略ショックドクトリンですね。
同時に野豚スパイに自衛隊を派遣させた海外で、正体を隠した(現地紛争勢力を偽装した)ジャッカルを使って自衛隊に武力攻撃をかけて武力応戦させ、否応なく日本を紛争武力衝突に参戦させて戦争犯罪国家に仕立てる軍事謀略「ショックドクトリン」も併行して実行し、二本立てで日本を殲滅沖縄略奪達成を目論んでいます。

内政ショックドクトリンではユダ金はつねに暗殺という手法をとります。A.リンカーンしかり、J.F.ケネディしかり。
源義経の元帝国に手も足も出せずに蹴散らされた黄禍の恨みを晴らす今が絶好の復讐のチャンスであるとユダ金は考えているに違いありません。黄色人種日本人を殺すことにすさまじい執念を抱くユダ金は先に西岡参院議長を毒牙にかけたのでしょう。

今沖縄奪取のために原発再稼働を狙うユダ金がショックドクトリンを用いるとすればそれは暗殺です。政府を全員ユダ金スパイに置き換えたとはいえ扶桑の島時代から常に世界一賢明な日本人民衆は容易に原発再稼働を許すことはない。この状況をユダ金が原発再稼働をショックドクトリンで打破実現しようと謀ったなら、誰を暗殺するでしょうか。

原発再稼働ショックドクトリンの標的となる人物が備える要件は
1.JFKのように若く健康であること。
2.国民が注目する政治家であること。
3.まさにいま原発再稼働賛成派の中心にいる実力派政治家であり、再稼働反対派から政治的にとても手強い強敵と見なされている人物。

ユダ金は奇形司法も子飼いのスパイにしていますから、暗殺者の正体をたとえば中核派危険分子の原発再稼働阻止武闘派などに捏造することも赤子の手をひねるより簡単で朝飯前です。というか、ショックドクトリンの性質上暗殺者はオズワルドやチャップマンのような政治的に無色な精神異常者ではだめで、急進的な原発絶対反対派政治活動家であることが絶対必要であり、いまちょうど各地で瓦礫反対運動を指導していると公安警察が意図的に偽情報を発表している中核派活動家危険分子こそ、ユダ金がもっとも自分の罪をなすりつけるに適した存在となります。

そして暗殺が実際に起これば流血を前に再稼働反対派は原発反対の声を失い、再稼働推進勢力がその機に乗じて原発を再稼働させショックドクトリンが成功するという計画です。

海外にあっては自衛隊の戦闘参加が最も危惧されますが、国内にあっては暗殺事件発生が最も危惧される。

まさに「危機ここに極まっているのです」。

政治家とくに前記3条件を満たす若手実力政治家は身辺警護をくれぐれも厳重にして、予測される危険であるユダ金からの暗殺攻撃を防ぎ自分の命を守ってください。

Posted by: 通りがけ | 2012.06.04 at 02:32 AM

《《故西岡参院議長の「国会議員全員共謀共同正犯」宣告》》

(ふじふじのフィルターさま「法人税を下げて消費税を上げると、どこが得をするのかな。野田首相は誰のために働いているのかな。」へコメント)
>>http://fujifujinovember.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/post-7505.html

【国民のためという国会議員はなぜ野豚内閣不信任案を即時提出しないのか?】

不信任案可決すれば解散総選挙か内閣総辞職のふたつにひとつ。どっちでも野豚政権は即終了、黒焦げの誰も食わない焼き豚残飯ゴミ一丁上がりだね(wっw)。

解散衆参同日総選挙になれば日本には不逮捕特権のある会期中国会議員は一人もいなくなるから刑事犯罪者だらけの菅内閣閣僚野田内閣閣僚議員はぜんぶ牢獄行きだ。センゴクがロウゴク入り、ぴったしですなw野豚は不逮捕特権悪用して逮捕されないように(亡命の時間稼ぎw)するためには会期延長して総辞職するしかない。

不信任案を提出しない国会は、国会議員全員の怠慢だね。

解散総選挙になれば黒ボールペンで投票用紙に記入して選管の投票不正改ざん犯罪を予防しよう。
公職選挙法違反をする候補者を警察に告発して厳重に取り締まろう。死に馬前原も政治家終了したね。
岡田も叩くまでもなく埃だらけだからこいつもすでに政治家としてしんでいる。

国会議員の責務は内閣不信任案提出である。いますぐやれ。


【菅直人の棄民テロ犯罪を証言する記事。】

>たとえSPEEDIが作動していなくても、私なら事故の規模を5秒で予測して、避難の
警告を出せると思います。(全国の原発事故の対策システムを設計した元責任者)

2012年6月3日 日曜日

◆福島第一原発事故を予見していた電力会社技術者 5月31日 鳥賀陽弘道
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/35339

──「全交流電源喪失」はどの時点で分かるのですか。どこから起算すればいいのですか。

 「簡単です。『原子力災害対策特別措置法』第15条に定められた通り、福島第一発電所が政府に『緊急事態の通報』をしています。3月11日の午後4時45分です。このときに格納容器が壊れることを想定しなくてはいけない。つまり放射性物質が外に漏れ出すことを考えなくてはいけない。ここからが『よーい、スタート』なのです」

 私はあっけにとられた。そういえばそうだ。法律はちゃんと「こうなったら周辺住民が逃げなくてはいけないような大事故ですよ」という基準を設けていて「そうなったら黙っていないで政府に知らせるのだよ」という電力会社への法的義務まで作っているのだ。「全交流電源喪失・冷却機能喪失で15条通報」イコール「格納容器の破損の恐れ」イコール「放射性物質の放出」なのだ。

 そして、それは同日午後2時46分の東日本大震災発生から、わずか1時間59分で来ていたのだ。すると、この後「全交流電源喪失~放射性物質の放出」の間にある「メルトダウンがあったのか、なかったのか」という論争は、防災の観点からは、枝葉末節でしかないと分かる。

 「15条通報」があった時点で「住民を被曝から守る」=「原子力防災」は始まっていなくてはならなかったのだ。

原子炉を助けようとして住民のことを忘れていた?
 「甲状腺がんを防止するために子どもに安定ヨウ素剤を飲ませるのは、被曝から24時間以内でないと効果が急激に減ります。放射性物質は、風速10メートルと仮定して、1~2時間で30キロ到達します。格納容器が壊れてから飲むのでは意味がない。『壊れそうだ』の時点で飲まないといけない」

 ところが、政府が原子力緊急事態宣言を出すのは午後7時3分である。2時間18分ほったらかしになったわけだ。これが痛い。

 「一刻を争う」という時間感覚が官邸にはなかったのではないか、と松野さんは指摘する。そういう文脈で見ると、発生から24時間経たないうちに「現地視察」に菅直人首相が出かけたことがいかに「ピントはずれ」であるかが分かる。

──首相官邸にいた班目春樹(原子力安全委員会)委員長は「情報が入ってこなかったので、総理に助言したくでもできなかった」と言っています。SPEEDIやERSSが作動していないなら、それも一理あるのではないですか。

 「いや、それは内科の医師が『内臓を見ていないから病気が診断できない』と言うようなものだ。中が分からなくても、原発災害は地震や台風より被害が予測できるものです」

「もとより、正確な情報が上がってきていれば『専門家』は必要ないでしょう。『全交流電源喪失』という情報しかないから、その意味するところを説明できる専門家が必要だったのです。専門家なら、分からないなりに25時間を割り振って、SPEEDIの予測、避難や、安定ヨウ素剤の配布服用などの指示を出すべきだったのです」

 ひとこと説明を加えるなら、福島第一原発が全交流電源を失ったあと、首相官邸が必死になっていたのは「代わりの電源の用意」(電源車など)であって、住民の避難ではなかった。本欄でも報告したように、翌日3月12日午後3時前の段階で、原発から3キロの双葉厚生病院(双葉町)での避難すら完了せず、井戸川克隆町長を含む300人が1号機の水素爆発が噴き出した「死の灰」を浴びたことを思い出してほしい。

 「ERSSの結果が出てくるまでの間は、SPEEDIに1ベクレルを代入して計算することになっています。そのうえで風向きを見れば、避難すべき方向だけでも分かる。私なら10の17乗ベクレルを入れます。それで住民を逃がすべき範囲も分かる」

──どうして初動が遅れたのでしょうか。

 「地震で送電線が倒れても、津波が来るまでの1時間弱は非常用ディーゼル発電機が動いていたはずです。そこで東京にあるERSSは自動起動していたはずだ。このとき原発にはまだ電源があったので、予測計算はまだ正常に進展する結果を示していたでしょう。しかし、ERSSの担当者が、非常用ディーゼル発電機からの電源だけで原子炉が正常を保っている危うさを認識していれば、さらに『ディーゼル発電機も故障するかもしれない』という『全電源喪失』を想定した予測計算をしたと思います。この計算も30分でできる。私がいた時はこのような先を読んだ予測計算も訓練でやっていた。原子力安全・保安院のERSS担当部署がそれをやらさなかったのではないか。この最初の津波が来るまでの1時間弱のロスが重大だったと思う」

──すべてが後手に回っているように思えます。なぜでしょう。

「何とか廃炉を避けたいと思ったのでしょう。原子炉を助けようとして、住民のことを忘れていた。太平洋戦争末期に軍部が『戦果を挙げてから降伏しよう』とずるずる戦争を長引かせて国民を犠牲にしたのと似ています」

──廃炉にすると、1炉あたり数兆円の損害が出ると聞きます。それでためらったのではないですか。

「1号機を廃炉する決心を早くすれば、まだコストは安かった。2、3号機は助かったかもしれない。1号機の水素爆発(12日)でがれきが飛び散り、放射能レベルが高かったため2、3号機に近づけなくなって14日と15日にメルトダウンを起こした。1号機に見切りをさっさとつけるべきだったのです」

──その計算がとっさにできるものですか。

 「1号機は40年経った原子炉なのですから、そろそろ廃炉だと常識で分かっていたはずです。私が所長なら『どうせ廃炉にする予定だったんだから、住民に被曝させるくらいなら廃炉にしてもかまわない』と思うでしょう。1機1兆円です。逆に、被害が拡大して3機すべてが廃炉になり、数千人が被曝する賠償コストを考えると、どうですか? 私は10秒で計算します。普段から『老朽化し、かつシビアアクシデント対策が十分でない原子炉に何かあったら廃炉にしよう』と考えておかなければならない」

このままうやむやにすると、また同じことが起きる
 私にとって不思議だったのは、これほど事故を予見し尽くしていた人材が電力業界内部にいたのに、その知見が無視され、死蔵されたことだ。松野さんにとっても、自分の長年の研究と専門知識が現実の事故対策に生かされなかったことは痛恨だった。

 「私の言うことは誰も聞いてくれませんでした。誰も聞いてくれないので、家で妻に話しました。しかし妻にもうるさがられる。『私の代わりにハンガーにかけたセーターにでも話していなさい』と言うのです」

 松野さんはそう言って笑う。

 「このままうやむやにすると、また同じことが起きるでしょう」

 「広島に原爆が落とされたとき、日本政府は空襲警報を出さなかった。『一矢報いてから』と講和の条件ばかり考えていたからです。長崎の2発目は避けることができたはずなのに、しなかった。国民が犠牲にされたんです」

 「負けるかもしれない、と誰も言わないのなら(電力会社も)戦争中(の軍部)と同じです。負けたとき(=最悪の原発事故が起きたとき)の選択肢を用意しておくのが、私たち学者や技術者の仕事ではないですか」

 そして、松野さんはさらに驚くような話を続けた。

 そもそも、日本の原発周辺の避難計画は飾りにすぎない。国は原子炉設置許可の安全評価にあたって、格納容器が破損して放射性物質が漏れ出すような事故を想定していない。もしそれを想定したら、日本では原発の立地が不可能になってしまうからだ。

 そんな逆立ちした論理が政府や電力業界を支配している、というのだ。

(阿修羅から転載)
>>http://www.asyura2.com/12/genpatu24/msg/370.html

Posted by: 通りがけ | 2012.06.05 at 06:50 AM

【野田谷垣会期前密約猿豚芝居売国国会】

「追い詰められた自民党・・・公明党は消費税増税法案に反対するだろう。」政経徒然草さま
http://haru55.blogspot.jp/2012/06/blog-post_08.html

今国会開会直前の野田谷垣密談の時言ったように、自公提出の憲法9条改正案を民主が丸呑みすることを交換条件にして自公が消費税増税法案に党議拘束をかけて嬉々として欣喜雀躍大賛成し、両売国法案とも今国会可決成立させる予定である。

国会議員全員売国奴なり。

Posted by: 通りがけ | 2012.06.08 at 02:50 PM

今度は野豚原発再起動宣言ですね。これは

1.大阪の警官が裁量で銃殺刑を執行した凶悪無比重大至極な拳銃テロと

2.オスプレイ配備問題を沖縄県知事(これもユダ金スパイ)に「そんなに安全なら都内の公園にでも移駐させたら」と言わせて渡りに船とばかりに沖縄の米軍基地じゃなく本土の岩国基地(劣化ウラン大量貯蔵したまま先日大爆発事故を起こした三井化学岩国大竹工場のすぐそばの和木町内に軍事転用可能な民間ヘリポートを建設中)へ先行配備決定したオスプレイテロ
(これは劣化ウラン貯蔵庫へオスプレイが墜落爆発すると劣化ウラン弾炸裂とおなじ核兵器テロとなります)

のふたつのユダ金銃器兵器放射能殺人テロを国民の耳目から隠すために予定通り(1.は偶然かも。2.は沖縄のスパイ知事と山口のスパイ知事とスパイ防衛省と示し合わせて)やったことです。

野豚はすべてわざとやっているのです。
基地問題・原発・TPP・PKO・消費税・腐敗司法・など国内のセンシティブな問題への政府対策発表では必ず全部について憲法を念入りに破壊し日本国内に擾乱を誘導することがユダ金スパイの使命だからです。

野豚の言う大義とはまさに麻原彰晃がいうオウム真理であり、不退転の決意で政治生命をかけて殉じるとは「修業するぞ修業するぞ・ポアするぞポアするぞ」というオウムのマントラに他なりません。

野豚や麻原や全国のほぼすべての知事(選管工作でスパイが知事になります)といったユダ金スパイを使ってひたすら国内擾乱治安悪化を誘導するユダ金は、沖縄を完全に自国領土として略奪達成する前に日本国から地位協定即時破棄されることを最も怖れているのです。沖縄が未来永劫米国にならなくなりますからね。
証拠のビデオを示します。
>>http://www.youtube.com/watch?v=ssq5WGz4LMk&feature=youtu.be

ユダ金の手に乗って国内で擾乱事件が起こったら(というか、ユダ金は擾乱事件捏造も得意技ですw)野豚スパイが戒厳令を出して自衛隊と警察を使って日本国内を速やかに軍事制圧全権掌握する予定です。

ゆえにユダ金につけ込む隙を与えぬためにはガンジーの成功体験に習って、
・すべてのデモや集会に全員ビデオ持参で参加し、
・官憲暴力に対しては完全に無抵抗で黙ってすべての官憲の動き(暴力犯行)を全員でビデオ記録しながら、
・天下の大道(車道も歩道もすべて天下の大道である)を黙々と隊列を組んで静かに堂々とむしろ旗を掲げて行進すればよい。

むしろ旗にはただひとことのみ大書する

「日米地位協定即時破棄」

これで扶桑の島日本が江戸時代以来ふたたび独立できます。

日本独立はむしろ旗でガンジーのインド独立成功体験にならってのみ達成できる。

Posted by: 通りがけ | 2012.06.10 at 09:40 AM

謹んで故日隅一雄氏のご冥福をお祈り申し上げます。合掌

Posted by: 通りがけ | 2012.06.14 at 10:01 AM

【日本国憲法70条による内閣総辞職】

増税の為の「社会保障と税の一体改革」であることが明白に・・・罪を感じない政治家たち(政経徒然草さま)
>>http://haru55.blogspot.jp/2012/06/blog-post_14.html
>予想通りというか野田首相は自民党案の「丸のみ」を決めたようだ。

野田内閣の次の総理一任は自民党提出の憲法9条改正案の丸呑みですね。

ところで野田内閣総理大臣は先の小川前法相との指揮権発動の是非について会話した内容をつい最近のことなのに「記憶にない」と公式に国会答弁しており、それが虚偽の答弁でないならば誰が見ても野田総理は記銘力喪失した重度の認知症(かつて痴呆症という病名)患者です。

これは日本国憲法70条において内閣総辞職の要件のひとつである総理大臣の職務遂行困難な病気による欠員条項(憲法70条内閣総理大臣がかけたとき)に合致しており、野田総理は直ちに入院精査して治療が必要であり病気辞任して内閣総辞職しなければなりませんね。
参考>>http://c3plamo.slyip.com/blog/archives/2012/06/post_2386.html#30317

入院精査して認知症ではないと診断されれば先の「記憶にない」総理答弁が偽証罪に問われ総理懲戒免職、同じく憲法70条によって内閣総辞職となります。

国会議員は直ちに職務遂行困難な重度の認知症患者である疑いが極大の野田総理を病院へ送って認知症の精密検査を受けさせねばなりません。国会審議のほうは総理ひとりが欠席しても憲法上何の影響もなく続けられますからね。

Posted by: 通りがけ | 2012.06.14 at 01:31 PM

国会議員の憲法上の責務と改題して推敲しました。

【日本国憲法70条による内閣総辞職は国会議員の責務である】

増税の為の「社会保障と税の一体改革」であることが明白に・・・罪を感じない政治家たち(政経徒然草さま)
>>http://haru55.blogspot.jp/2012/06/blog-post_14.html
>予想通りというか野田首相は自民党案の「丸のみ」を決めたようだ。

野田内閣の次の総理一任は自民党提出の憲法9条改正案の丸呑みですね。

ところで野田内閣総理大臣は先の小川前法相との指揮権発動の是非について会話した内容をつい最近のことなのに「記憶にない」と公式に国会答弁しており、それが虚偽の答弁でないならば誰が見ても野田総理は記銘力喪失した重度の認知症(かつて痴呆症という病名)患者です。

これは日本国憲法70条において内閣総辞職の要件のひとつである総理大臣の職務遂行困難な病気による欠員条項(憲法70条内閣総理大臣がかけたとき)に合致しており、野田総理は直ちに入院精査して治療が必要であり病気辞任して内閣総辞職しなければなりませんね。
参考>>http://c3plamo.slyip.com/blog/archives/2012/06/post_2386.html#30317

入院精査して認知症ではないと診断されれば先の「記憶にない」総理答弁が偽証罪に問われ総理懲戒免職、同じく憲法70条によって内閣総辞職となります。

国会議員は憲法上の責務として直ちに職務遂行困難な重度の認知症患者である疑いが極大の野田総理を病院へ送って認知症の精密検査を受けさせねばなりません。国会議員のもう一つの責務国会審議のほうは総理ひとりが欠席しても憲法上何の影響もなく続けられますからね。

Posted by: 通りがけ | 2012.06.14 at 02:58 PM

「マスゴミが報道しないスクラムで隠蔽するユダ金米軍ジャッカルの対シリア派遣自衛隊参戦強制策謀」

阿修羅の記事が詳しく伝えています。

http://www.asyura2.com/12/warb9/msg/439.html
田中宇:シリア虐殺の嘘

「自衛隊は直ちにシリア現地ですべての武器放棄してヘルメットと防弾チョッキのみの服装でロシア軍基地へ駆け込み帰国難民として保護してもらえ」

http://www.asyura2.com/12/warb9/msg/436.html
ロシア軍の特殊部隊スペツナッズが遂にシリア入りか?!

【平和憲法君子国民国家のシリア派遣自衛隊を守れ】

Posted by: 通りがけ | 2012.06.15 at 04:11 AM

【国会議員全員共謀共同正犯(故西岡参院議長)】

今これを阿修羅で拡散中です

>>さらば民主党!  天木直人 

>>http://www.asyura2.com/12/senkyo131/msg/551.html#c43

>福島原発の20キロ圏に数百~千の遺体 ”本当に死後の被曝かどうか怪しい” (原発問題) 
http://www.asyura2.com/12/genpatu24/msg/657.html

71. 2012年6月18日 06:56:39 : rWn9PLlcps
命が惜しい腑抜け腰抜けばかりじゃ大熊町で命を落とした千人の人たちは皆誰一人も浮かばれない。
72. 2012年6月18日 07:43:31 : rWn9PLlcps >>69
何度でも言うがこれは脱原発など全然関係ない大量殺人事件の犯人捜しだ。

どこに逃げようと殺人者は必ず裁いてやるぜ。地の底から引きずり出してもな。

JCOのことも同じ。保安院西山、おまえだけは絶対に許さんからそう思って震えていろ。
73. 2012年6月18日 09:36:01 : rWn9PLlcps
菅枝野東電保安院そして311の最初から財政出動無しと決めていた野田よ。
殺人犯テロリストと妥協和解することは決してない。
秋霜烈日の刑事法廷で会おう。震え上がって待っておれ。

Posted by: 通りがけ | 2012.06.19 at 02:56 PM

北九州市と同じく瓦礫受け入れを表明して試験焼却した桐生市の市議会議員西牧秀憲氏(日本でただ一人の君子政治家)のブログコメント欄に次のコメントを書き込みました。

>>http://hidenori1212.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/post-135c.html
転載開始>

斧、振り回しそうな市議会か、スプラッターですね。
でも、今回の「つるし上げ議会」で桐生市議会が地方議会のワーストランキングに
入ったのは事実だと思います。東北から避難して来たお母さんたちが「がれき受け入れ」に
反対したら「へんな人たちが反対運動してる」って暴言はいた北九州市も最低だと思ったけど
桐生市議会も負けてないと思います。私も議会を買いかぶってました。

投稿: | 2012年6月20日 (水) 23時30分

北九州市に秀ちゃんはいません。北九州市のほうが桐生市より格段にひどいです。月とすっぽんです。

投稿: 通りがけ | 2012年6月20日 (水) 23時54分

北九州市市長は試験焼却用瓦礫搬入の当日市長室にこもって市警に個人警備を要請しました。警察は個人警備をしてはならない組織ですが北九州市市警署長は警察法に違反して市長室へ個人警備のための警官を派遣したのです。

市長と市警署長がともに憲法を知らない北九州市が日本いや世界最低の地方自治体であることはこの事実によって明々白々に証明されました。よって桐生市とは月とすっぽんです。

投稿: 通りがけ | 2012年6月21日 (木) 00時06分

<転載終わり

Posted by: 通りがけ | 2012.06.21 at 01:06 AM

届いた刑事訴訟規則違反・郵便法違反の再審請求棄却決定書
http://www.suihanmuzai.com/

Posted by: 遂犯無罪 | 2012.12.10 at 11:05 PM

With blogs like this around I don't even need website anymore. I can just visit here and see all the latest happenings in the world.

Posted by: page | 2013.11.18 at 07:22 PM

Heyy just ɑnted to give you а brief heads up and llet you know a few of the pictures aren't loading properly. I'm not surе why but I think its a linking issue. I've tried іt іn two different browsers and both show the same results.

Posted by: amateur porno | 2014.07.01 at 08:15 AM

Its like you learn my thoughts! You seem to know so much about this, such as you wrote the book in it or something. I feel that you could do with some percent to drive the message house a little bit, but other than that, that is excellent blog. An excellent read. I will certainly be back.

Posted by: Terrell | 2014.07.03 at 01:55 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32945/54828376

Listed below are links to weblogs that reference 名張事件第七次再審請求の異議差戻審不当決定に対して私たちは何をなすべきなのか:

« 小沢一郎氏に対する無罪判決を受けて何がなされるべきなのか | Main | 検察庁に自浄能力がないことを明らかにした虚偽報告書作成問題 »