人権問題

2014.01.29

安倍政権の暴走をどう止めるか

 2013年12月6日に特定秘密保護法(以下「秘密保護法」)が成立し、同月13日に公布され、1年以内に施行されることが決まった。

 安倍政権は、秘密保全法は、国家安全保障会議(日本版NSC)設置法と一体と 位置付けられている。日本版NSCは、情報の一元化をして、大統領的な首相を目指すための組織であり、議事録も作らないで、重要な決定を行うことが予定されている。昨年、既に、韓国軍への弾丸の供与を決めるなど、既に活動が始まっている。i日本版NSCは、戦争のための準備や遂行をすることを決める組織であることに注意が必要である。

Continue reading "安倍政権の暴走をどう止めるか"

| | Comments (133) | TrackBack (2)
|

2009.05.26

新たな外国人在留管理制度と外国人住民台帳制度の新設を考える

 政府は、戦後60年間続けてきた外国人登録制度を廃止し、「新たな在留管理制度」「外国人住民台帳制度」を創設しようとして、今通常国会に「出入国管理及び難民認定法及び日本国との平和条約に基づき日本の国籍を離脱した者等の出入国管理に関する特例法の一部を改正する等の法律案」を上程している。

Continue reading "新たな外国人在留管理制度と外国人住民台帳制度の新設を考える"

| | Comments (7) | TrackBack (0)
|

2008.07.08

G8サミット関係の警備強化と入国規制は行きすぎではないのか?

 今日(2008年7月7日)から、北海道の洞爺湖のホテルにおいて、G8サミットが開催されている。、洞爺湖や新千歳空港周辺では霧が発生し、洞爺湖のホテルの窓からも霧しか見えなかったようであるが、今回のサミットの行方を象徴しているようでもある。

Continue reading "G8サミット関係の警備強化と入国規制は行きすぎではないのか?"

| | Comments (71) | TrackBack (2)
|

2008.03.04

先進国首脳会合に向けた過剰警備について考える

 2008年3月から7月にかけて、全国各地(沖縄、神戸、大阪、京都、東京、横浜、千葉、新潟、青森)においてG8関連会合が開かれることになっている。その頂点となるのが、7月7日から9日にかけて洞爺湖地域で行われる先進国首脳会議(以下「サミット」という)である。

Continue reading "先進国首脳会合に向けた過剰警備について考える"

| | Comments (39) | TrackBack (1)
|

2006.03.27

入管法改正案は許容できるか?(2)

 衆議院法務委員会において、テロ対策等のための入管法改正案が審議されている。前回、外国人の指紋や顔写真を採取することの問題点を指摘したが、この法案審議の中で、法案には書いていないが、日本人についても指紋の採取が予定されていることが明らかとなっている。
(2006.3.30追記)
 3月29日に、入管法改正案は与党等の多数により衆議院法務委員会で可決され、今国会での成立はほぼ間違いないと考えられる。

Continue reading "入管法改正案は許容できるか?(2)"

| | Comments (45) | TrackBack (2)
|

2006.03.21

入管法改正案は許容できるか?

 本年3月17日から、衆議院法務委員会では、出入国管理及び難民認定法(以下「入管法」という)の一部を改正する法律案が審議されている。これは、政府の「国際組織犯罪等・国際テロ対策推進本部」が2004年12月に決定した「テロの未然防止に関する行動計画」を実行するために提案されている。

Continue reading "入管法改正案は許容できるか?"

| | Comments (97) | TrackBack (3)
|

2005.06.03

警察庁によるDNAデータベース構築に問題はないか?

 警察庁は、6月1日、全国の警察本部が犯罪捜査のために容疑者から採取し、それぞれで保存しているDNA型情報について、既に整備されている犯罪現場の遺留資料のデータベースと合わせ、本年8月をめどに本格的な運用を開始することを決めたと新聞で報じられている。
 また、6月2日には、警察庁の漆間巌長官が、定例記者会見で、「将来的には指紋と同様に逮捕した容疑者から一律に採取できる仕組みを目指す」と述べたと伝えられている(MSN-Mainichiの記事)。

Continue reading "警察庁によるDNAデータベース構築に問題はないか?"

| | Comments (236) | TrackBack (2)
|

2004.12.11

テロ対策としての来日外国人の指紋採取は許されるのか?

 12月10日、政府は「国際組織犯罪等・国際テロ対策推進本部」(本部長・細田博之官房長官)を開催し、テロリストの入国阻止や情報収集に必要な対策をまとめた「テロの未然防止に関する行動計画」を決定したと報じられている。
 具体的には、(1)入国審査時に外国人の指紋を採取し、写真を撮影(2)指定したテロリストの入国を阻止し、強制退去させる(3)航空機や船舶の乗員乗客名簿を事前提出(4)ホテルなどで外国人宿泊客の身元確認を強化(5)民間の定期航空便に警察官が搭乗する「スカイマーシャル」を導入することが列挙され、通達などで対応できる方策は今年度中にも実施する方針だという(NIKKEI NETの記事)。

Continue reading "テロ対策としての来日外国人の指紋採取は許されるのか?"

| | Comments (107) | TrackBack (0)
|