教育基本法改正問題

2006.12.24

臨時国会を終えて来年の通常国会に向けて

 2006年12月19日、9月から始まった臨時国会がようやく閉会した。この臨時国会の最大の焦点であった教育基本法改正案は、同年12月14日に参議院教育基本法特別委員会において与党議員による強行採決が行われ、同年12月15日、参議院本会議でも与党多数で可決されて成立した。

Continue reading "臨時国会を終えて来年の通常国会に向けて"

| | Comments (8) | TrackBack (7)
|

2006.12.14

教育基本法改正案の参議院での可決・成立が迫っている

 政府提案の教育基本法改正案が、12月14日の参議院教育基本法特別委員会で、自民、公明両党の賛成多数で可決された。野党は採決に反対したが、与党は強行採決に踏み切った。これで今臨時国会中の教育基本法改正案の成立は、ほぼ確実になってしまった。

Continue reading "教育基本法改正案の参議院での可決・成立が迫っている"

| | Comments (74) | TrackBack (6)
|

2006.10.29

単位偽装問題は教育委員会潰しか?

 10月24日、富山県立高岡南高校において、地理歴史教科を選択制としたために、3年生197人全員が卒業に必要な科目を履修していなかったことが分かったと報道されて以来、毎日のように、全国各地の高校で同様の「単位偽装」が次々と明らかになり、10月28日の夕方の時点で、毎日新聞の報道では、41都道府県407校に達するに至っている(毎日新聞の記事)。

Continue reading "単位偽装問題は教育委員会潰しか?"

| | Comments (156) | TrackBack (12)
|