死刑問題

2010.08.31

死刑刑場の公開について考える

 2010年8月27日、東京拘置所の死刑の刑場が、法務省の記者クラブに加盟するマスコミ各社に約30分間公開された。

 これは、2010年7月28日に死刑が執行された際に、千葉景子法務大臣が、「国民的な議論に資する」ために刑場公開をする意向を表明しており、それが実現された形である。

 報道によると、執行室とボタン室、前室、教戒室、立会室が公開された。絞縄は「普段も設置されていない」という理由で、設置されていない状態だったようである。

 裁判員制度が開始されて1年以上が経過しており、市民が裁判員として、死刑判決をする可能性がある状況の中で、死刑の刑場すら公開されていなかったこと自体が疑問であるが、保守的と言われる読売新聞ですら、今回の刑場公開について、「国民には死刑制度を考える材料が、ほとんど明らかにされていない」、「死刑の現状を国民に知らせ、執行方法や制度の運用に見直すべき点がないのかどうか、問題提起する姿勢も必要」と述べている程である(2010年8月28日付読売新聞社説

 それにしても、刑場だけを公開しても、死刑がどのように執行されているのか、死刑確定者が死刑までどういう生活をしているのか、当日の朝に執行を知らされることが死刑確定者にどれだけ負担を与えているのかなど、もっと明らかにされるべき事柄は多いはずである。

 特に、現在、絞首刑とされている執行方法が「残虐な刑」に当たらないのかどうかが、最大の課題であるはずである。今回も絞縄すら公開されていないが、実際にどのように絞首刑が執行されているのかを公表しなければ、国民は、死刑が「残虐な刑」かどうかを判断することはできない。

] アメリカにおいても薬物投与による執行が普通になっており、中国においても、銃殺から薬殺へと移行しつつあると言われており、明治時代以来、絞首刑を続けている日本の死刑執行方法が、現時点において「残虐な刑」になっていないのかどうかについては広く国民的議論がなされるべきであって、そのためにも、実際の死刑執行の状況を公開することが不可欠であると考えられる。

 法務省は、死刑廃止論議に向かうことを恐れているというが、絞首刑を国民に広く公開して、国民が「残虐な刑」はやめるべきだと思うのであればやめるのが民主主義であり、情報を公開しないままというのであれば、およそ民主国家とは言い難い。

 法務省の秘密主義や隠蔽体質がこれで変わったとは考えられないが、これを機会に、死刑について国民的議論がなされるべきである。

 裁判員裁判においては、これまで死刑判決が一件もなされていないが、そろそろ死刑求刑事件も審理されることが予定されている。その際に、死刑に対する具体的なイメージを持たないまま、死刑か無期かを評議することはむなしいことである。

 千葉法務大臣は、裁判員裁判の円滑な運用のために、死刑について国民的議論がなされることが必要であると考え、刑場の公開を積極的に進めたようである。そうであるならば、死刑に関する広い情報公開が今こそ必要である。

 世論調査で死刑存置が広く支持されていると言われるが、死刑に関する情報をほとんど公開しないで世論調査している点に大きな問題がある。

 これまでタブー視されてきた死刑に関する国民的議論は、今すぐにでも開始すべきであり、そのためにも、法務省は、今後も継続的に、死刑に関する情報公開を広く行うべきであり、私たちは不断に監視し続け、公開を求め続けなければならない。

【Today's Back Music】
 CHIAKI/CHIAKI(BVCL-90)
  沖縄出身の女性ボーカリストのソロアルバム。角松敏生プロデュースで、伸びのあるボーカルがインパクトをもって迫ってくる感じで、最近何度も聴いています。

| | Comments (12) | TrackBack (0)
|

2010.07.31

一年振りの死刑執行について考える

 2010年7月28日、東京拘置所で2名の死刑確定者について死刑が執行された。民主党に政権交代し、千葉景子法務大臣になってから初めての執行であり、ちょうど前の死刑執行から1年目に当たる日だった。

 千葉法務大臣は、大臣就任直後まで「死刑廃止を推進する議員連盟」に加盟しており、死刑廃止論者として知られていたこともあり、在任中には死刑執行に署名しないものと見られていただけに、この日の死刑執行は大きな波紋を広げた。

 千葉法務大臣は、死刑執行後に行われた記者会見において、法務大臣として初めて死刑執行に自ら立ち会うとともに、東京拘置所の刑場を報道陣に公開し、死刑制度の存廃を含めたあり方を研究する勉強会を発足させる方針を明らかにした。

 千葉法務大臣は、2010年7月の参議院選挙で落選し、菅総理大臣に辞表を提出したが慰留され、7月25日に参議院議員の任期が切れた後は民間人大臣として、職務を継続していた。

 読売新聞の記事によると、千葉法相は、在任期間中の「執行ゼロ」を避けたい法務省の官僚からの説得を受け入れて徐々に執行の決意を固めていったという。そして、法務省の官僚は千葉法務大臣に対して、裁判員裁判で国民が死刑か無期懲役かという重い判断を迫られるようになったために、死刑執行を避け続ければ国民の理解を得にくいことを強調していたという。これら官僚の説得と自らが参議院選挙で落選したにもかかわらず法務大臣職を継続することに対する批判を受けて、参院議員の任期が満了する前日である同年七月二四日に、千葉法相は土曜日にもかかわらず登庁して、大臣室で死刑執行命令書にサインしたという読売新聞七月二九日付

 

結局、千葉法務大臣は、官僚たちの説得に負けてしまったのである。

 千葉法務大臣がもともと死刑廃止論として活動していた弁護士であることから、その信念を貫けずに、官僚の説得に乗って死刑を執行してしまったことは大いに批判されるべきである。

 そもそも、千葉法務大臣は、ほとんど慎重に議論することなく法定刑に死刑がある犯罪について公訴時効を廃止するなどの刑事訴訟法改正を推進し、被疑者取調べの可視化についても慎重な姿勢を示すなど、法務大臣として評価すべき点は何もない中で、ただ唯一、死刑執行をしないということだけが評価できる点であったが、これも今回の死刑執行で自ら放棄したものであり、その結果、法務大臣として全く評価する点がないことになった。

 過去に、自民党政権下で、宗教上の信念から、在任中に死刑執行指揮書に署名しなかった法務大臣は2人いたが、それと比較しても、千葉法務大臣が在任中に死刑執行指揮書への署名を拒否し続けられなかったのはふがいないとしか言いようがない。

 なお、千葉法務大臣が明らかにした東京拘置所の刑場公開と法務省内の勉強会については、刑場はこれまでも国会議員などに公開されており、法務大臣就任当初から実施が可能であったはずであると考えられるし、法務省内の勉強会も当初は公開する意向であったが官僚側の抵抗もあってか、その後非公開に切り替わっている。

 今回の死刑執行については、千葉法務大臣が信念を貫けば執行される必要はなかったものであり、残念でならない。死刑の執行を停止した上で、国民的議論がなされるべきであり、今回のようなやり方で死刑を執行し、問題提起をしたとされるのは全くのお門違いであり、強く批判されるべきである。

【Today's Back Music】
 柴崎コウ/Love&Ballad Collection
  新録音を含む新譜。これまでの名曲も収録されており、聴き応えのあるアルバムとなっている。

| | Comments (236) | TrackBack (1)
|

2008.06.29

最近の死刑の連続執行の状況について考える

 2008年6月17日、3名の死刑確定者に対して死刑が執行された。今回の死刑執行は、2月1日の3名、4月10日の4名の死刑執行に引き続き行われ、前回の死刑執行からわずか2ヶ月強という極めて短い期間内に行われた。

Continue reading "最近の死刑の連続執行の状況について考える"

| | Comments (46) | TrackBack (1)
|

2008.05.28

死刑判決の急増と終身刑創設の動き

 2008年5月26日、前長崎市長を射殺した被告人に対して、死刑判決が言い渡された。

Continue reading "死刑判決の急増と終身刑創設の動き"

| | Comments (3) | TrackBack (2)
|

2008.01.03

死刑制度をめぐる日本と世界の動き

 昨年である2007年は、全国の裁判所で死刑を言い渡された被告人が47人となり、1980年以降で最多だった年であった。

Continue reading "死刑制度をめぐる日本と世界の動き"

| | Comments (252) | TrackBack (0)
|