« 【映画】「アマルフィ 女神の報酬」 | トップページ | 【書籍】大門剛明「雪冤」 »

2009年7月25日 (土)

【映画】「湖のほとりで」

映画「湖のほとりで
原題 LA RAGAZZA DEL LAGO/THE GIRL BY THE LAKE
監督 アンドレア・モライヨーリ
原作 カリン・フォッスム
音楽 テオ・テアルド
脚本 サンドロ・ペトラリア
キャスト トニ・セルヴィッロ、ヴァレリア・ゴリノほか
製作国・地域 イタリア   上映時間: 95分
製作年度 2007年

 北イタリアの小さな村にある湖のほとりで、美しい少女アンナの死体が発見され、村に越してきたばかりの刑事サンツィオ(トニー・セルヴィッロ)は、犯人を捜そうと、村人たちに話を聞いていくうちに、アンナと交際していた若い男性を逮捕するが否認を続ける。その後も捜査を続けるうちに、村人たちが抱える様々な事情を知るようになり、最後には本当の犯人に行き当たるというストーリー。

 いくつかの映画評で、この作品を高く評価していたことから、この作品を見たが、正直言って、少々分かりにくい展開だと思った。劇場用パンフレットを読んで、ようやく詳細を理解できたが、感動させられる作品とは言い難いように思った。

 基本的にはミステリーであるが、描かれるのは、ミステリーの形式を使った人間ドラマであり、それが緩いテンポで描かれている。

 人は誰もが、様々な困難を抱えて生きているが、それを身近な人にも伝えられずに生きているということが全編を通して描かれている。主人公とも言うべき刑事も、妻が認知症となって徐々に自分のことを忘れて行っているという状況で、そのことを伝えられないために、娘との関係がうまくいかない状況にあり、私生活上も悩んでいる様子が描かれる。

 都会とは離れた片田舎においても、人が抱える悩みや苦しみがあることを描かれ、それが、アンナの人生が明らかになる中で、徐々に、人々を癒していく。それは主人公の刑事の心をも癒したことがラストシーンで示されている。

<参考になる映画評>
 Love Cinamas 調布
 佐藤秀の徒然幻視録

|

« 【映画】「アマルフィ 女神の報酬」 | トップページ | 【書籍】大門剛明「雪冤」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32945/45737823

この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】「湖のほとりで」:

» 湖のほとりで [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。ノルウェイの作家Karin Fossum原作、原題:LA RAGAZZA DEL LAGO。アンドレア・モライヨーリ監督、トニー・セルヴィッロ、アレッシア・ビオヴァン、ヴァレリア・ゴリノ、オメロ・アントヌッティ、ファブリツィオ・ジフーニ、ネッロ・マーシャ。イタリア・アルプス....... [続きを読む]

受信: 2009年7月25日 (土) 23時08分

» 湖のほとりで [LOVE Cinemas 調布]
北イタリアの小さな村を舞台にしたミステリードラマ。あの『ニューシネマ・パラダイス』、『ライフ・イズ・ビューティフル』に続くイタリア映画10年に一度の名作との触れ込みです。監督は本作が長編デビューとなるアンドレア・モライヨーリ。主演はトニ・セルヴィッロ。イタリアのアカデミー賞にあたるダヴィッド・ディ・ドナッテロ賞で史上最多の10部門を受賞した作品です。... [続きを読む]

受信: 2009年7月26日 (日) 00時14分

» 「湖のほとりで」美しい町に起こった不自然な殺人事件 [soramove]
「湖のほとりで」★★★ トニ・セルヴィッロ ヴァレリア・ゴリーノ オメロ・アントヌッティ出演 アンドレア・モライヨーリ監督、95分、2007年、イタリア                      ★映画のブログ★                        どんなブログが人気なのか知りたい 「北イタリアの小さな町の美しい湖のほとりに 横たわる死体、 こんな小さな町だから大騒ぎになるかと思えば 人々はヒソヒソ話で事件を語るように 小さく波立つ湖の波紋に ... [続きを読む]

受信: 2009年8月20日 (木) 18時53分

« 【映画】「アマルフィ 女神の報酬」 | トップページ | 【書籍】大門剛明「雪冤」 »