« 【映画】「サンシャイン・クリーニング」 | トップページ | 【映画】「アマルフィ 女神の報酬」 »

2009年7月25日 (土)

【書籍】副島隆彦・植草一秀「売国者たちの末路」

副島隆彦・植草一秀「売国者たちの末路

出版社 祥伝社
ISBNコード 9784396613341
判型/頁  四六判ハード/256頁
定価 1,680円(税込)
発売日 2009/06/22

 評論家である副島氏と経済学者である植草氏の対談本である。

 7月21日に衆議院が解散され、8月30日に衆議院選挙が行われる予定である。前回の解散は、小泉首相(当時)による郵政解散があり、自民党は圧勝して、与党で衆議院の3分の2の議席を獲得し、以後、参議院で野党が多数を占めた後も、参議院で否決された法案を、再議決によって次々と可決してきた。

 その郵政選挙の争点は、「郵政民営化」の是非であった。私は当時から、「郵政民営化」には反対だった。しかし、国民は、小泉首相(当時)の「改革」路線に騙されて、自民党を圧勝させてしまった。

 しかし、最近になって、「郵政民営化」、そして、小泉首相(当時)と竹中平蔵氏による「構造改革」路線によって、徹底的な経済の自由主義化(弱肉強食化)が推進されてきた結果、それまで日本は「1億総中流」と言われていたが、それが完全に崩壊し、「格差社会」が生まれた。
 これらは、言うまでもなく、小泉・竹中が行ってきた「構造改革」路線の結末である。

 本書は、その小泉・竹中による「構造改革」が、アメリカの影響下で行われてきたことや、その誤りを鋭く指摘するとともに、アメリカにおけるサブプライム・ローン破綻後の状況を踏まえて、今後の世界経済がどうなるかについて論じている。

 この中で語られる日本の財務省のあり方については、前に紹介した長谷川幸洋『日本国の正体』(講談社)で語られていた内容とほぼ同様であり、そこでも紹介されていた高橋洋一氏の窃盗罪での検挙についても触れられている。

 本書では、経済学者であり、小泉・竹中路線を批判し続けた植草氏が、2度も「痴漢」とされる「冤罪」被害を受けた経過についても詳しく述べられ、それが何らかの政治的背景に基づく「デッチ上げ」であることも語られている(2度目の「冤罪」事件について、2009年6月25日に最高裁が上告を棄却して、植草氏は、近日中に収監される見込みである)

 最近になって、国民も、ようやく小泉・竹中路線が、今の日本を経済をおかしくしたことに気づき始めているが、本書は、改めて、小泉・竹中路線が何を行ってきたのか、それがアメリカとどういう関係にあるのか、民主党の小沢氏の秘書がどうして検挙されたのか、などについて分かりやすく語りかけており、一気に読めるものとなっており、多くの国民が、是非とも読むべき1冊だと思う。

|

« 【映画】「サンシャイン・クリーニング」 | トップページ | 【映画】「アマルフィ 女神の報酬」 »

書籍」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32945/45737459

この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】副島隆彦・植草一秀「売国者たちの末路」:

» goo 路線 [ニュースはダイジェスト版で読め!]
路線の安全気遣い現場へ 飯塚 死亡の西鉄バス筑豊社長31 西鉄バス筑豊(飯塚市)によると、24日夜の豪雨で市内各地は道路が冠水し、幹部社員も路線バスの安全確認のためパトロールに出動した。柴田さんも午後7時40分ごろ、1人でマイカーを運転して赴いた。冠水現場に差しかかったところ、車が流されたとみられている。 ...[記事全文] 民主、マニフェスト現実路線へ腐心 自民は党内混乱で遅れ20097... [続きを読む]

受信: 2009年7月26日 (日) 02時01分

» 西鉄バス 路線 [今日のスポーツニュース速報]
バイブルサイズ リフィール(替え紙)【日本能率協会】Bindex(バインデックス)バイブルサイズ東京・大阪周辺鉄道路線図2つ折りタイプNO.524商品価格:420円レビュー平均:5.0 しれっと別路線を利用したい。しれっと別路線を利用したい。現在、有楽町線・地下鉄赤塚→青山一丁目で通勤をしています。下記のルートです。 (有楽町線・永田町で乗り換え、半蔵門線・青山一丁目)・・・※1新しく開通された副都心線を利用したいと思ってます。(有楽町線・池袋で副都心線に乗り換え、渋谷で乗り換え、半蔵門線・青... [続きを読む]

受信: 2009年7月26日 (日) 06時45分

« 【映画】「サンシャイン・クリーニング」 | トップページ | 【映画】「アマルフィ 女神の報酬」 »