漫画

2009年2月 1日 (日)

【漫画】佐々木倫子「チャンネルはそのまま!vol.1」

佐々木倫子「チャンネルはそのまま!vol.1」

著者 佐々木倫子
ISBNコード     9784091824509
判型/頁     A5判/230頁
定価     980円(税込)
発売日     2009/01/30

 本屋のレジ前に積まれていた佐々木倫子さんの「チャンネルはそのまま!vol.1」を衝動的に買って、一気に読んだ。
 私は、これまで佐々木さんの作品としては、「おたんこナース」や「Haaven?」などを読んでいた。
 この作品は、2008年から、ビッグコミック・スピリッツで月1回連載されているという。

 この作品は、北海道にある架空のテレビ局に、「バカ枠」で採用された女性記者・雪丸花子を主人公とする漫画である(もちろん、本人には「バカ枠」での採用とは知らされていない)。

 主人公がドジをして失敗を重ねながらも、それがなぜか不思議と、誰もが予想しない良い結果を生んでいく。それが、佐々木さんの味のある漫画に支えられて、非常に説得力を持っている。

 この作品では、同期入社のエリート男性記者との対比の中で、「バカ枠」の主人公が、ボロボロになりながらも活躍して、周りの人たちに愛されていくようになるところも面白い。

 一方で、この作品では、テレビ局の報道現場を題材にしていることから、テレビ・ジャーナリズムのあり方についても描いている(私はこの点にもっとも関心があった)。テレビ局の報道の裏側が描かれていて興味深い。

 今後の連載が楽しみで、これからは、ビッグコミック・スピリッツでの連載を読みたいと思った。


 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

映画 | 書籍 | 漫画 | 雑誌 | 音楽